スマホが鳴る


まおです。

ちょっと、今夜は動揺しています。
 

仕事が終わって一樹さんが帰ってきたのは19時過ぎ。

一樹さんがお風呂に入っている間に、急いで晩ご飯の支度をしました。
 

『ちょっとワインを飲みたい』

そう言っていたので、今夜のメニューはパスタ。

モッツアレラとトマトのサラダと、カナッペを用意しました。
 

料理は苦手な上に、ワインの味も分からない私。

いつもレシピ検索して、簡単に作れそうなものを真似る。

ワインと料理がマッチしているのかなんて、サッパリ分からない。
 

どうも体質(家系)的に、アルコールは飲めるようになりそうもないし。。。

せめてワインに合う美味しい料理が作れるように、料理教室にでも通わせて貰おうか?

そんなことを考えながら、キッチンで忙しく手を動かしていました。
 

すると・・・

ぴろぴろん♬

スマホが鳴った。
 

この音は・・・

間違いない、ショートメールだ!
 

スポンサーリンク


ゲス野郎からのメッセージ

スマホにショートメールが入るなんて、滅多にありません。

元彼のゲス野郎からに違いないと思いました。
 

先日のショートメールから時間が空いたので、忘れかけていました。

一気に胸の鼓動が早くなりました。

パスタをゆでながら、スマホを確認すると・・・・・

「日野です。今、電話をしても良いですか?」
 

頭が真っ白になりました。

もうすぐ一樹さんが、お風呂から上がってきてしまいます。

今、電話が掛かって来たらどうしよう。

とにかく、今、電話をかけられてはマズイ。

私はすぐに、スマホの電源を切りました。
 

パスタのお湯が噴きこぼれてしまい、慌てて火を弱めました。

ソースも焦しそうになり、急いで鍋を火から下ろしました。
 

『まおさん、忙しそうだね。手伝おうか?』

お風呂上がりのサッパリした顔で、一樹さんが立っていました。
 

「じゃぁ、ワイン準備をお願いします^^」

平静を装って、何事もなかったかのように、夕御飯の準備を進めました。
 

スポンサーリンク


上の空

ワインを飲みながら、ゆっくり食事を楽しみました。

『明日は、久し振りに1日休めるから、ドライブにでも行こうか?どこか行きたいところはある?』

「ん~、思いつかない。。。」

心ここにあらずで、一樹さんと向かい合っていた。

『紫陽花公園にでも行こうか?時期的に、もう遅いかな?』

「ん~、どうかな?」

『どうしたの?あまり行きたくない?』

「そうじゃないよ。一樹さん、最近忙しかったから、家で体を休めた方が良いんじゃないかって考えてたの」

『大丈夫だよ。どちらかというと、外出して気分転換したいな』

「うん。じゃぁ、そうしようか。。。」
 

頭の中は、ゲス野郎のショートメールのことで一杯。

一樹さんとは、上の空で話してしまった。
 

あぁ、もうどうしていいか本当に分からない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク