法律事務所へ行ってきた


まおです。

予定通り、弁護士さんと面談してきました。

一樹さんと一緒だったので、緊張はしませんでしたが。。。
 

弁護士さんから「こちらの主張が通ると信じているが、100%という保証はない。」と言われショックでした。
 

法律事務所の応接室で泣きました。

一樹さんは『先生(弁護士さん)は最悪の話をされただけで、そんなことにはならないから。大丈夫だから。』

そう言って背中をさすってくれました。
 

弁護士さんも「脅かしちゃって、申し訳なかったね。」と謝って下さいました。
 

結局、最後まで涙は止まらず。

30分ほどで打ち合わせを終えると、食事もせず、映画も観ずに、自宅に戻りました。
 

一樹さんは、いつも通り。

『まおさん、気持ちを切り替えて!』

そう言って紅茶をいれてくれたり、

楽しい話をしてくれたりします。
 

しかし、一度落ちてしまった気持ちは

なかなか立て直せません。
 

スポンサーリンク


数千万円の慰謝料について

弁護士さんの話だと、例えば、万が一負けたとしても、数千万円の支払いを裁判所が認めることはないだろうと。

そんな馬鹿みたいな金額はありえない。

常識を越えていると、おっしゃっていました。
 

せいぜい数万円。

多くても数十万円。

相場から言って、その程度だろうと。

一体、どこからそんな数千万円などという訴額を導き出してきたのか、見当も付かないとおっしゃっていました。
 

もうね、数十万円だったら、今すぐ支払って終わりにしたい。

こんな気持ちで、毎日過ごすのは嫌だ。
 

夕方、一樹さんに

「少しの慰謝料なら、支払って終わりにしたい。」

そう弱音を吐いたら

『そんなこと絶対に駄目だよ!』

そう言われてしまった。
 

駄目なのは分かってるよ。

分かっているけど、早くこの辛さから、解放されたいんだ。

楽になりたいと思うんだよ。
 

神様がいるなら、今こそ助けて欲しい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク