サプライズでパニック!


まおです。

薄暗いホテルのレストラン。

混雑した店内の窓側の席に、

そこに居るはずのない

茜ちゃんの姿を見つけた。
 

えっ?どうして?

何で、ここに茜ちゃんがいるの?

ちょっとパニックになった。
 

茜ちゃんも私に気付き、

小さく手を上げてくれた。
 

茜ちゃんと同じテーブル座っている男性。

私からは顔が見えない。

でも恐らく吉田さんに違いない。
 

もしかして!
 

茜ちゃんとの距離が近づいたとき、

茜ちゃんの左手薬指に指輪を見つけた。
 

「もしかして」が、確信に変わった。
 

スポンサーリンク


ティファニーのエンゲージリング

吉田さんと茜ちゃんは、あの時、誕生したカップルだ。

結婚式の2次会は合コンになった

再々婚する?

その二人が揃って、今、ここに居る。

手を振って、にこやかに迎えてくれた茜ちゃんに、私は小走りで駆け寄った。
 

「そうなの?ねぇ、そうなの?」

茜ちゃんは嬉しそうに「うん」と頷いた。

「お、おめでとう!」

「うん」

「おめでとう。。。おめでとう。。。おめでと・・(ToT)」
 

最近、涙もろくてね。

その場で号泣した。
 

驚いたのは男性陣だ。

吉田さんに挨拶もせず、茜ちゃんの手を取って号泣する私に、一樹さんは呆然と立ち尽くしていた。

『はっ?何?まおさん、何泣いてるの?はっ?』

私は一樹さんに、茜ちゃんの左手を見せた。

でも一樹さん『えっ?何が?』だって(*_*)
 

一樹さんは、一度会っただけの茜ちゃんの顔を覚えていなかった。

それは無理もないことだ。

しかし一樹さんも、吉田さんと茜ちゃんの交際は知っていた。
 

それに薬指の指輪は、ひと目見ればエンゲージリングと分かるデザインだ。

吉田さんが、エンゲージリングをした女性同伴で会いに来た。

何より、私と茜ちゃんの様子を見て、全て察知してくれなくては困るのだ!
 

なのに一樹さんてば

『全然分からない。何?』だと。

マジか?
 

スポンサーリンク


プロポーズしました^^

鈍感な一樹さんにイラッとしたとき

「言う前からバレたみたいだね」

吉田さんが照れくさそうに言った。

「まずは座ってよ」と言われ席に着いた。
 

フライングで「おめでとう」を言ってしまった私と、いまだに、状況を理解出来ていない一樹さん。

もうグダグダの再会だ( ̄∇ ̄)
 

一樹さんが、いつ状況を把握したのか分からない。

吉田さんが「プロポーズしてOKの返事を貰った」という趣旨の話をして、やっと事態が飲み込めたようだった。
 

私と一樹さんの披露宴の2次会で知り合って、交際を始めて5ヶ月で婚約。

トントン拍子というのは、まさにこのことだろう。
 

一樹さんにも私にも、婚約したことも、茜ちゃんが来ることも内緒にしていた吉田さん。

驚かそうと思ったのだろう。
 

まんまと策略にはまり、感激して号泣してしまった私。

一方の一樹さんは『吉田、お前、めんどくせー奴だな。最初から言っとけよ!』!と文句を言っていた。

もちろん、それは最上級の祝福の言葉だ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク