後悔の意味を知る


まおです。

一樹さんは、マザコンを公言した。

そして、その理由を話し始めた。
 

それは、一樹さんの青春時代にさかのぼる。
 

以前にも少し書いたけれど、

一樹さんのお父様は早くに亡くなった。

一樹さんが大学生の時。

弟さんは高校生だったらしい。
 

ある夜、突然アパートの電話が鳴って、

お父様の死を知らされたそうだ。
 

本当に突然、逝ってしまったらしい。

もちろん死に目にも会えなかったと言った。
 

『あの時の後悔といったら・・・』

そう言って一樹さんは言葉を詰まらせた。
 

スポンサーリンク


長い反抗期

当時、一樹さんとお父様の関係は、しっくりいっていなかったらしい。

会社の後を継いで欲しいと願うお父様と、歯科医師になりたかった一樹さん。

歯学部を受験する代わりに、別の大学も受験させられたり、何処までも平行線だったらしい。
 

結局、第一希望の歯学部に進学したことで、お父様との関係は更に悪化。

お母様が間に入って下さって、何とか親子関係を続けているような感じだったと言った。

「血の繋がった親子だから。いつかお父さんも理解してくれる。それまで頑張りなさい」

そう言ってくれたお母様の言葉を励みに、学生生活を送っていた。
 

だけど・・・わかり合える前にお父様は逝ってしまった。
 

お父様が亡くなったことも悲しかったけれど、泣き崩れるお母様を見て、胸が締め付けられるようだったと言った。
 

当時、高校生だった弟さんも思春期の反抗期真っ最中で、お父様との関係はギクシャクしていたらしい。

一樹さんが歯学部に進学したことで、期待は弟さんに向いた。

そんな息苦しさもあったのではないかと、一樹さんは言った。
 

当然だけど、そんな一樹さんと弟さんの関係も微妙だったらしい。

それはそうだ。

兄は好きな道に進んだ。

そのツケが弟さんにいったのだから。

当時、一樹さんが帰省しても、ろくに話もしなかったそうだ。
 

スポンサーリンク


お母さんを大切にしよう

そんな兄弟が心を通わせたのは、お父様の葬儀の夜。

忘れもしない、実家の弟さんの部屋で、二人で泣いたらしい。
 

お父様と喧嘩別れになってしまったこと。

後悔してもしきれないと泣いたらしい。

そして泣き崩れるお母様を、二人で支えていこうと決めたと。

この時、弟さんは「僕が会社を継ぐ」と言ったらしい。

高校生の男の子がだ。

どれだけの覚悟を持って言ったのだろう。

進路を医学部から、別の学部に変更した。
 

『まおさん、命はね、残念ながら永遠じゃないんだ。

今ね、生きていることの方が奇跡なんだ。

こんなこと言うと、まおさんに叱られるかもしれないけど、明日、お袋が逝ってしまうかもしれない。

もしかしたら、僕が逝ってしまうかもしれない。

その時に、後悔しないように、お袋を大切にしたい。

もちろん、まおさんのこともだ。』
 

一樹さんと弟さんが仲良しなのも、お母様を大切にする理由も分かった。

この話を聞かされてしまうと

マザコンも致し方ないかー。

そう思ってしまった^^
 

むしろ、お母様を大切にする人で良かったと思った。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク