磯野貴理子さん


まおです。

タレントの磯野貴理子さんが、7年連れ添った24歳年下のご主人と離婚することになったそうですね。

理由を尋ねたら「俺、自分の子供が欲しいんだ」と言われたそうです。
 

ご結婚されたとき、磯野貴理子さんは48歳、ご主人は24歳位だったのだろう。

結婚当初は「子供は諦めている」と語っていたというご主人。

最近、ご兄弟に子供が生まれ、とても可愛がっていらっしゃったらしい。

もともと子供好きだったという。

可愛らしい甥っ子?(姪っ子?)と接しているうちに、心(気持ち)が変わったのだろうか?
 

スポンサーリンク


タイムリミットがある

子供を産むのには、タイムリミットがある。

これはもうどうしようも無ないこと。

それ故に「子供が欲しい」というのは、

産めない女性にとって一番辛い言葉。
 

48歳の女性と結婚するならば、

男性は当然覚悟しておくべき事。
 

しかし24歳で結婚し7年の時が経過し、

やはり子供が欲しいと思ったのだろうか?

そんな気持ちも分からなくは無い。

分からなくは無いけど・・・

ん~、上手く言えない。
 

ふと、自分の事に置き換える。

一樹さんも「子供が欲しい」と思うときが来るのだろうか?
 

10年後、一樹さん49歳、私42歳。

「子供が欲しい」と言われたら?

男性は49歳なら大丈夫だろう。

でも、私はキツイよな。

考えると不安になる。
 

スポンサーリンク


感謝しかない

磯野貴理子さんは、離婚を切り出したご主人に対して「感謝しかない」と言い切った。

「こんな私と居てくれて、本当にありがとうだよ」そう言っていた。

悲しいことじゃなくて、新しい出発だと表現していた。
 

ご主人のことを、愛しているんだなと思った。
 

子供の居る夫婦も、子供の居ない夫婦も、それぞれの幸せがある。

どちらを選ぶかは、当事者にしか決められない。

そしてその決定を、誰も批判することは出来ない。
 

私はテレビを観ながら泣いてしまった。

それを隣で見ていた一樹さんは

『まおさんは、優しい子だねぇ~』

そう言ってティッシュを1枚渡してくれた。
 

一樹さんは、自分たちのことには置き換えなかったようだ。

私も、あえて何も言わなかった。
 

今の私は、一樹さんと二人で居るだけで十分幸せだ。

一樹さんも、同じように感じてくれているだろうか?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク