パソコンを取り上げられた


まおです。

パソコンで裁判の進め方とかググっていたら、お昼休憩に戻ってきた一樹さんに、パソコンの電源を落とされてしまった(-_-)

『まおさんは心配しなくて良いの!』

そう言って貰えるのは、本当に嬉しいし頼もしい。
 

たださ、パソコンの電源を落としたところで、一樹さんが午後の診察に戻れば、また電源入れちゃうし。

パソコンなくてもスマホもあるし。

仕事用のノートパソコンもある。
 

今の私は、納得するまで調べたい。

分からないことが多すぎて不安すぎる。
 

もう弁護士さんにお願いしたのだから

お任せすれば良いのだけれど、

何かしていないと落ち着かないのだ。
 

今すぐ何とかしたい。

決着を付けてスッキリしたい。

胸の中のモヤモヤを晴らしたい。
 

特別料金払ったら、即日裁判出来るよって制度があったら良いのに(笑)
 

スポンサーリンク


父も参戦?

訴えられた件は、私の実家にも相談した。

両親に心配を掛けたくはなかったけれど

母とLINEでお喋りしているうちに、

辛くなって打ち明けてしまった。
 

即、父から電話が掛かってきて

「父さんも訴えようかな?」

なんてぶちかましてきた(*_*)
 

一樹家企業が原告になって訴える方法があるって、弁護士さんから提案があったと話したからだ。
 

「お母さんも訴えれば、3つの事件になる。沢山訴えて困らせてやれ!」
 

あははっ。。。

面白くない冗談だね(-_-;)
 

でも深刻に受け止めて一緒に悩むより

センスのない冗談で笑わせてくれた方が

今の私にはありがたいかな^^
 

スポンサーリンク


慰謝料請求

訴状が届いた時は、かなり動揺した。

でも、少し時間が経って思うことがある。
 

私だって、訴えたかった。

一生に一度の結婚式当日に、

絆創膏姿で挑まなければならなかった。
 

神殿の指輪交換の手元の映像とか、

友達とのスナップ写真とか。。。

絆創膏やテーピングが映っちゃってる。
 

結婚式場の衣裳担当さんが

ブライダルグローブを工夫してくれたり、

一樹さんが一生懸命手当てしてくれたけど

なかなか隠せるモノではなかった。
 

当時は、ただ無事に結婚式が行えるように。

それだけを考えていたから、慰謝料を請求しようとか思いもしなかった。

それに相手は一樹さんの親族だ。

事を大きくしてはいけないと思って居た。
 

でも今になって、だんだんと悔しい気持ちが湧き上がってきた。

今からでも訴えられるかな?

でも、そんなことをしたら、幸せな結婚式の思い出が台無しになっちゃうかな?
 

複雑な思いだよ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク