体調優れず


まおです。

今朝も体調が優れず。

なかなかベッドから起き上がれない。

『このまま寝かせておいてあげたいけれど・・・起きられるかな?』

そう言って一樹さんが、ベッドから引きずり出してくれた。
 

弁護士さんの所に伺わなくてはならない。

さすがに当事者の私(被告)が欠席では、相談にならない。

何とか身支度を済ませて、約束の時間に弁護士事務所に到着した。
 

伯父様に暴力を振るわれたとき、お世話になった弁護士さんだ。

開口一番

「恐ろしく高額請求ですね(・_・)」

と目を丸くしていらっしゃった。

「こんな訴額、裁判官がひいちゃうんじゃないかな(^^;)」

そう言って笑っていた。
 

スポンサーリンク


和解?

素人なので裁判のことは良く分かりません。

裁判所は民事事件の場合、和解をすすめてくることが多いのでしょうか?

刑事事件なら白黒ハッキリ付けなくてはいけないけれど、民事事件は犯人捜しじゃない。

争わずにお金で決着付けるのもアリらしい。
 

でも一樹さんはハッキリ伝えてくれた。

『訴状の内容は事実無根。もっと言うなら伯父の創作。こちらには1円も支払う理由がない。』
 

正直言うと、私自身は精神的に一杯一杯で。

和解金100万円くらいだったら、伯父様に渡して終わりにしても良いと思えた。

でも訴額からして、100万円で和解にはならないだろう。
 

事を小さく済ませたい私の思いとは裏腹に、一樹家の企業が原告になって、伯父様に訴訟を起こす方法もあると、弁護士さんから提案があった。

弁護士さん、やる気満々だね(-_-)
 

でも、私はその気になれず反対した。

そんな大事にしたくない。

それに裁判をするだけでも費用が掛かる。

裁判をしている間、気は休まらない。
 

そんなつまらないことに、エネルギーを使いたくない。
 

でも、一樹さんは反撃したいらしい。
 

スポンサーリンク


一番恐れていること

結局、伯父様から起こされた裁判は、

弁護士さんにお願いすることに。

こちらから訴訟を起こすかは保留。
 

私が裁判所に出て行く必要は

今のところないらしく、答弁書が

出来たら連絡を下さるそうです。
 

弁護士さんの言葉をそのまま引用すると

「子供の喧嘩以下」という訴状。

「心配することはないですよ。」

そう言って貰えたので

少し気持ちが落ち着きました。
 

自宅に戻ってから、一樹さんが真面目な顔で

『僕は、伯父の訴状なんて、これっぽっちも怖くない。それより、まおさんが、また食事がとれなくなっちゃうんじゃないかって、それを一番恐れてる・・・』
 

そう言われちゃったもんだから、

晩ご飯は胃に詰め込むように食べました。

これでまた体調を崩したら

伯父様の思うつぼだもん。
 

でも、今夜も眠れない。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク