特別送達


まおです。

早朝、豪雨の雨音で目が覚めました。

1日中天候が不安定で、

何か嫌な予感がしていました。
 

嫌な予感って不思議と良く当たります。

虫の知らせというのかな?
 

お昼の洗い物をしていると、

玄関チャイムが鳴りました。
 

モニターを確認すると、郵便局員さん。

チャイムを押すと言うことは・・・

普通郵便ではないな。

書留か何かだろうと思いました。
 

特別送達

それだけで全て分かりますよね。
 

スポンサーリンク


裁判所

郵便局の配達員さんは

「まおさんに、特別送達です。」

そう言って、一通の封筒を差し出しました。
 

確かに、特別送達と記されてありました。

差出人は○○地方裁判所○○支部。

宛名は「まお」になってました。
 

受け取った時点で、頭は真っ白でした。

玄関に鍵を掛け、上り框に座り込み

震える手で封筒を開けました。

だって、2階のリビングには、お手伝いの山田さんがいらっしゃったから。

山田さんの前では開封できない。
 

中身は、数千万円の請求書。

回りくどいですか?
 

早い話が、訴状が届いたと言うことです。

訴額は数千万円でした。
 

数千円じゃないですよ。

数千万円です(笑)
 

スポンサーリンク


収入印紙代

原告の名と「請求の趣旨」「請求の原因」だけを見て、全てを把握しました。

訴額からして、印紙代だって馬鹿にならないだろうに。

弁護士さんを頼んで訴訟にしてくるなんて。

相手も本気なんだと思った。
 

残念ながら、このとき、訴状の内容を詳しく読むことは出来なかった。

内容が全然頭に入ってこなかった。

そのくらい動揺していた。
 

私がリビングに戻ってこないことを心配して、2階から山田さんが声を掛けてくれた。

「まおさん、どうかなさいましたか?」

「うん、ちょっと・・・ね」

私が座り込んで動かなかったものだから、具合が悪くて動けないと勘違いした山田さんが、大急ぎで階段を下りてきてくれた。
 

山田さんには見せてはいけなかったのだろう。

でも、その時は、そんなことを判断する力はなかった。
 

山田さんは私の手の中にある手紙が、何か分からずに受け取ったと思う。

恐らく訴状なんて見たこともなかっただろう。

最初は「何ですか、これ?」

そう言ってペラペラめくっていた。
 

でも、そのうち原告と被告の名を見て、全てを悟ったらしい。

山田さんの顔が青ざめていくのが分かった。
 

「一樹さんを呼んできましょうか?」

「ううん。まだ、仕事中だから。

夜、話をするから大丈夫です。」
 

全然、大丈夫じゃなかった。

だって、その場から立ち上がれなかったもん。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村