専業主婦を希望する男


まおです。

一樹さんにしても大地さんにしても、

理想は専業主婦って驚いた。
 

もちろん一樹さんは、私に面と向かって

『専業主婦になって』とは言わない。

『体調のこともあるし、ブライダルの仕事はゆっくりやっていけば・・・』

って感じの言い方をする。

『ゆっくり』って何だ?
 

家計のことを全く考えなくて良いとしたら、男性は女性に家に居て欲しいのかな?
 

男性から「結婚しても仕事辞めないよね?」なんて、共働きが当然って言い方をされると、それはそれで反発したくなる。

でも、一億総活躍社会が叫ばれている今、結婚相手に専業主婦を求めるのは時代遅れな気がするのだが。。。
 

スポンサーリンク


ネット婚活のススメ

アルコールも大分回った頃、大地さんが

「まおちゃんのスマホどこ?」と聞く。
 

何で、私のスマホが必要なのか?

理由は全く分からないけれど、

とりあえず寝室から持ってきた。

すると・・・

「独身のお友達を紹介して♡

今からLINEで連絡取って」だと。
 

おい、コラ!

そんな他力本願な婚活でどうするよ!
 

大地さんの周りに誰か居ないか尋ねると「誰も居ない」と言う。

同業者は嫌だというので、職場でも探せない。
 

職場恋愛が無理なら・・・

もう結婚相談所しかないよね?
 

ギリギリ30代の、39歳崖っぷち男性。

令和元年のうちに結婚したいと言うので、強硬手段に出た!
 

スポンサーリンク


スマホでマッチング

私も大分アルコールが回っていた。

そのせいかテンションも若干高め。

私はスマホを手に、大地さんの横に陣取った。

「名前は、大地○○さん

生年月日は・・・・・

住所は・・・・・

身長は・・・・・

学歴は・・・・・

職業は・・・・・

年収は・・・・・

お相手の希望年齢は・・・・・

お相手の学歴は・・・・・」

そのほか諸々入力して、大地さんに見せた。
 

「大地さん、これで良い?

間違ってるところがないか確認して。

登録するよ?送信するよ?」

「送信するとどうなるの?」

「大地さんの希望の女性を紹介してくれる、無料のマッチングサービスだよ!」

「マッチングサービス?良いね!送信しちゃって!」
 

って感じで送信しちゃった^^
 

行動を起こさないことには、前に進まないもんね。

もちろん入会するかしないかは、大地さんの判断だ。
 

良い出会いがありますように!

なんだか自分の事のように、

ワクワクしてきたo(^-^)o

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク