大切な話?


まおです。

『まおさんに相談があるんだ』

そう言われ身構えた私。

『実はね・・・・・』

「うん。」

『実は・・・まぁ、また今度ね(^^;)』
 

おいおい。
 

こんな中途半端で『また今度ね』なんて

冗談じゃないよねぇ(-_-;)
 

「もう!ちゃんと話して!!」

そう言って今度は私が、逃げる一樹さんの腕を掴み、ソファーに座らせた。

『あのね、まおさん・・・』
 

おー、来た来た。

一樹さんが大事な話をする時の前置きだ。
 

スポンサーリンク


フェラーリ?それともアストンマーティン?

一樹さんの話をちゃんと聞こうと、

まっすぐ一樹さんの目を見つめた。

『あのね、まおさん。

実は、○○○○を持とうと思うんだ。』

「ほ~ぅ。」

『ほ~ぅ?』

「も一回言って」

『○○○○を持ちたいなと思ってる』
 

一樹さんの言葉が良く聞き取れない。

恐らく車の車種だと思った。
(車に疎い私には分からない)

車が好きで、現在ポルシェの他に2台保有している。
 

一樹さんが一生懸命働いて稼いだお金だ。

好きな車を買うのは全然構わない。

でも合計4台は多すぎないかなぁ。

まぁ、それも一樹さんが決めることだ。
 

「うん、良いと思うよ^^」

『えっ?良いの?本当に??』
 

もの凄く驚かれて、逆に私の方が驚いた。

えっ?私、何か間違えた?

反対して欲しかったのかな?
 

そう考えていると・・・

『本当に良いの?何か質問はないの?』

そう聞かれたので、遠慮せずに聞いた。

「ブーインって何処の車?」

『車?はっ?なに車って?』

「ん?車を買うんじゃないの?」

『何言ってるの?ブンインの話だよ!』

「ブーイン?」

『違うよ!分院!』
 

ブンイン?

ぶんいん?

「ぶっ?分院!?」
 

スポンサーリンク


デンタルクリニック分院

「分院って、クリニックの分院って事?」

『うん、そうだよ』
 

腰が抜けた。
 

交際を始めたばかりの頃、10名程だったスタッフさんは、現在20名を超えている。

積極的に歯科医師さんを採用し、

クリニックの規模は大きくなっていた。

なるほど、分院を持ちたかったのか。

全てに納得がいった。
 

あまりに突然の話で、正直パニクった。

分院なんて考えてもみなかった。
 

一樹さんが、ビジョンを説明してくれた。

けれど頭が真っ白で、全然耳に入ってこない。
 

「ごめんね、難しすぎて分からない」

『そうだよね。でも、まおさんの反対がなければ、話をすすめていきたいと思ってるんだ。』
 

既に、分院の開業に向けて、

各方面に相談しているようだった。

確定申告が終わってからも、

税理士さんが出入りしていたから

何だかおかしいとは思っていた。
 

最初に相談するのは私じゃないんだ。

それとも心配掛けまいと、全ての段取りが済んでから、最後に私の許可を貰えば良いと思ったのか?
 

上手く言えないんだけれど、

何だか寂しい夫婦関係に思える。
 

結局、賛成も反対も明言せず、

なんとなく話が終わってしまった。
 

これからどうなるんだろう。

ちょっと、いや、かなり不安。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク