昭和・平成・令和


まおです。

平成から令和へ。

テレビを見ながら一樹さんと話した。

私も一樹さんも昭和生まれ。

そう、私、ギリギリ昭和^^

つまり二人共、昭和→平成→令和の

三つの時代を生きることになる。

なんか、凄い歳をとった気がする(笑)
 

『まおさんにとって、平成はどんな時代だった?』

「ん~、難しい質問だねぇ~

一樹さんは、どんな時代だった?」
 

質問に対して質問で返すという必殺技。

『それ、答えになってないよね?』

そう笑いながらも答えてくれた。
 

『人生そのものかなぁ~。

青春時代は楽しかったよね。

ただ若かっただけだけど毎日充実してた。

大学行って歯医者になって開業して。

親父が亡くなったのは辛かったかな。

でも平成最後の年に、まおさんと出会えた。

感謝感謝だよ^^』
 

スポンサーリンク


新しい時代を前に

平成最後の年に一樹さんと結婚して、

新しい令和の年を一緒に迎えられる。

それが何だ?って言われちゃうと

それだけのことなんですが(^^;)

ささやかな幸せです^^
 

この後、一樹さんから改まって

『これからも宜しくお願いします。』

なーんて言われたもんだから

「こちらこそお願い致します。」

そう言って頭を下げた。
 

『でね・・・えっと。』

「ん?でね?」

『ちょっとまおさんに話したいことが』

「なっ、何?」
 

なんだかとっても嫌な予感がして、

思わず後ずさりしちゃった。

『まおさん、逃げないでよ(-_-;)』

そう言って腕を引っ張られて

ソファーに座らされた。
 

珍しく一樹さんの口数が少ない。

なになになに?どーした一樹さん!
 

スポンサーリンク



相談がある

「どうしたの何か言いにくいこと?」

なかなか話し出さないので心配になった。

あまり良くない話なの?

そんなに言い出しにくいことなの?

黙って一樹さんが話し出すのを待った。
 

『まおさんに相談があるんだけどね』

珍しい!珍しいね!!私に相談?

そんなの初めてじゃないかな?

それもこんなに改まって。
 

伯父様のこと?何かあった?

それとも愛人がいますとか?
(これは冗談)

全く見当が付かないんですが?
 

すると一樹さん静かに話し始めた。

『実はね・・・・・』
 

一樹さんてば、静かに

デッカイ爆弾

落としてくれた(-_-;)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク