ハリー・ウィンストンの婚約指輪


まおです。

私が仕事でお世話になっている結婚式場の

ジュエリーショップに勤務する麗奈さんと

二人だけの女子会をした。
 

昨年末に私の披露宴で会って以来、

久しぶりの再会だ。
 

自宅近くのレストランの個室を予約し

ランチタイムの3時間貸し切りコース。

食べ放題・飲み放題・話し放題^^
 

それでも足りなくて、ティータイムまで

延長して喋り倒してしまった( *´艸`)
 

麗奈さんが最初に食いついたのは、

私の薬指に光っていた婚約指輪。
 

「おっ、ハリーウィンストンの本物!

ねえ、よく見せてよ!見せて!」
 

テーブルの向かい側から身を乗り出し、

私の左腕を思いっきり引き寄せて

食いつくように眺めていた。
 

仕事柄、ジュエリーには詳しい麗奈さん。

「ブリリアント・ラブ?

綺麗な石だよね~」

なんて褒められ、ちょっぴり嬉しかった。
 

メンテナンスの方法や保管の仕方を

教えてもらった。
 

すると麗奈さんが唐突に言った。

「私もハリーウィンストンの指輪を

プレゼントしてくれるような男性を

見つけるために、婚活を始めたんだ!」
 

スポンサーリンク


異性ではなく友達

麗奈さんが婚活?

ちょっと驚いた。
 

活発で男友達も多い麗奈さん。

異性に対してもガンガン行くタイプで

飲み屋で隣に座った見知らぬ男性にも

臆することなく声をかけていく。
 

わざわざ婚活しなくても、周りに大勢の

適齢期の異性が居るように見えた。
 

正直に伝えた。

「なんだか意外!」
 

すると麗奈さんは、険しい顔をして言った。

「周りの男は、私を異性として見てない!」
 

なるほど。

サッパリした性格の麗奈さんは、

男性から「友達」とくくられてしまう事が

非常に多いらしい。

でもそれは悪いことじゃない。
 

ただ、結婚相手を探す場合は厳しいね。
 

スポンサーリンク


無料の婚活アプリ

「それに周りにハリーウィンストンの

婚約指輪をくれそうな男は居ない。」
 

あぁ、なるほど、そこか。

経済力のある男性ってことか。
 

まぁ、これは人のことは悪く言えない。

以前にも書いたけれど、私が婚活時に

重要視した条件は、年齢と年収。

甘えたいから年上の男性。

最低でも、自分より年収の高い男性。

そしてプロフィール文は参考程度。

プロフィール文はアドバイザーさんが

考えている場合が結構多かったから。
 

つまり数字ではっきり示される条件を

重要視していた。
 

✖の回数も指定したかって?

回数までは指定出来なかった。

ただ「再婚可」にしてすぐに、

一樹さんから申し込みを受けた(#^^#)
 

話を戻そう。

麗奈さんに、どんな婚活をしているのか尋ねた。

すると「婚活アプリ」だと言う。

それも女性は無料の婚活アプリ。
 

それって、本当に大丈夫なの?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク