リビングに独りぼっち


まおです。

お手伝いの山田さんは帰ってしまった。

一樹さんは、19時に最後の患者さんの

予約が入っているので遅くなるらしい。
 

リビングに、ぽつんと独り。
 

BGM代わりにテレビを付けて、

何とかこの静寂を紛らわそうとしている。
 

外はかなり風が強いようだ。

時折、ゴーッという台風のような音がする。
 

この風で、桜も散ってしまうかな?

そんなことを考えていた。
 

スポンサーリンク


婚約指輪を眺めている

なんか寂しいので、引き出しから婚約指輪を

取り出して、独りで眺めていた。
 

初めて会った婚活パーティーの事とか、

初めてのデートの事とか、

初めてお泊まりした日の事とか、

懐かしく思い出していた。
 

この婚約指輪を貰った時のことも、

つい昨日のように思い出される。

ひと悶着あったもんな(^^;)
 

今でも、ことあるごとに

『まおさんと出会えて良かった。』

と言ってくれる一樹さん。

『もう結婚はしないと

思っていた時期もあった』らしい。
 

ここでふと気付いちゃったんだよね。
 

スポンサーリンク


婚活を始めた理由

「俺が探してきた相手と

一緒になれば良かったんだ!」

そんな伯父様の言葉を思い出した。
 

もしかして・・・

一樹さんが婚活を始めた理由って。

伯父様の探してきたお相手が嫌だったから?
 

もしかして・・・

伯父様の言いなりになるのが嫌で、

大急ぎで婚活サイトに登録して、

私と一緒になったのかな?
 

入籍を急いだのも、そのせい?

あれあれ?れれれ?
 

私と早く結婚したかったからじゃなくて、

伯父様から逃れたかったから?
 

えっと、えっとぉ。。。そうなのか?
 

いやいや、愛されて結婚したんだよ。

自分で言うのも照れくさいけど、

すっごく大切にして貰ってるもん。

結婚前も、結婚後も。
 

それに、一樹さんのこと大好きだもん。

誰よりも大切な人だもん。
 

でも、なんだか微妙な感じ。

ちょっと悶々としてきた(-_-;)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク