電話の向こう側


まおです。

電話口から、伯父様の怒鳴り声が聞こえた。

「お前達は何を考えてるんだ。

俺を笑いものにして楽しいか!」

まぁ、そんな感じのことを言っていた。
 

あまりの勢いだったので、一樹さんはボソッと

『鼓膜が破れる・・・』そう言って

受話器から耳を外した。
 

伯父様の声は、更に大きくなっていく。

「俺が探してきてやった相手と

黙って一緒になれば良かったんだ。

あんな女の言いなりになりやがって。

どこの馬の骨とも分からん・・・」
 

馬の骨? σ(・_・)
 

すると一樹さん、大きな声で言ったよ。

『今の発言は

撤回して下さい!』
 

スポンサーリンク


大切な妻

もし貴方が、夫の親族から馬の骨って

言われたらどうします?
 

私は過去に、それ以上の暴言を浴びせられて

いたので、何とも思いませんでした。

逆に、ものすごく冷静な気持ちでした。
 

一樹さんが

『まおさんは、僕の大切な妻です。

今の発言は撤回して謝罪して下さい。

それが出来なければ、

もう貴方を伯父とは呼べない。

二度と連絡はしないで下さい。

まおさんにも近づかないで下さい。』

そう言ってくれたのが嬉しくて。
 

結局、伯父様が捨て台詞を残して

電話を叩き切りました。
 

スポンサーリンク


夜桜の下で

受話器を置いた一樹さんと、

思わず顔を見合わせてしまいました。
 

『めっちゃ怒ってたね伯父さん』
 

めっちゃ怒ってたって?

一樹さんが、めっちゃなんて普段使わない言葉を

使ったもんだから、思わず笑ってしまった。
 

「一樹さんが怒らせたんだよぉ(^^;)」

『そだねぇ~』

そう言って、二人で大笑いした。
 

本当に面白くて笑ったのか?

悲しい気持ちの裏返しだったのか?

言いたいことを言えてスッキリしたからか?

何も解決しないという諦めの気持ちからか?
 

私も一樹さんも、よく分からないけど

いつまでも二人で大笑いしていた。
 

そして突然、一樹さんが、

『まおさん、夜桜見に行こう!』

そう言って、身支度を始めた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク