リビングにぽつんと一人


まおです。

只今、自宅リビングで、ぽつんと一人。

寂しくてテレビを付けたけれど、

内容が全く頭に入ってこない。

心ここにあらずだ。
 

結局、一樹さんはひとりで法要へ。

そう、私は置いていかれたのだ。
 

何とか一緒に連れて行って貰えるように

知恵を絞ったけれど、一樹さんの方が

一枚も二枚も上手だった。
 

そして、まだ帰宅しないので、

心配しているところだ。
 

スポンサーリンク


昨夜の話

結局、昨夜一樹さんは、深夜2時まで

仕事をしていた。
 

自宅に戻って私の顔を見ると、

『起きてたの?先に寝てなきゃ駄目だろ』

そう言った。その声のトーンから、

もう怒ってないのかなと感じた。
 

『僕もすぐ着替えて寝るから、

まおさんは先にベットに入ってな』

「うん^^」
 

もしかしたら口も聞いて貰えないかと

心配していたのでホッとしてベットへ。
 

ベットの中で仲直りもアリかな

な~んてよこしまなことを考えていた私。
 

しかし。。。時刻は深夜2時を回っている。

眠くて眠くて、一樹さんが来る前に

完璧に寝落ちしてしまったσ(^◇^;)
 

スポンサーリンク


早起きして作戦決行

今朝は、一樹さんより早起きした。

一樹さんが起きてくる前に

お化粧を済ませ、髪もセットした。

服も既に喪服に着替え、準備万端。
 

9時近くに起きてきた一樹さんは、

私の姿を見てギョッとしていた(笑)
 

そして朝食を摂りながら

私の方をチラ見。

『連れて行かないよ』

「お構いなく」

『はぁっ?』みたいな、

噛み合わない会話を続けた。
 

朝食を急いで済ませると、

一樹さんの支度を手伝った。
 

出発の時間になって、一緒に玄関へ下りた。

『連れて行かないよ!』

そう言われても、一樹さんの後に続いた。
 

そして玄関で。。。

『あれっ?車の鍵がないっ!』
 

そう。私が車の鍵を隠し持っていた。

3台ある車の鍵と、その合鍵をすべて。

(^_^)v
 

唖然と立ち尽くす一樹さんを残し、

車の鍵を持って、車の中で待っていた。
 

もう、私を連れて行くしかないだろう。

私の勝ちだ(*^_^*)

そう思っていたが・・・。
 

一樹さん、タクシーで出掛けて行った。

(ToT)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク