それは忘年会の帰り道


まおです。

歯科衛生士の松浦さんが、一樹さんに「先生、私と結婚して」と言ったと聞いて、さすがに驚きました。

みるみる泣き顔になった私を見て、一樹さんは大慌て。

普段、一人でメソメソ泣くことが多い私ですが、一樹さんの前では泣いたことはなかった。

びっくりするくらい、一樹さんは慌てていました。

『まっ、まおさん、話は最後まで聞いて!』

私はギリギリのところで泣き留まり、一樹さんの話に耳を傾けた。

 

よく聞いてみれば、それは3年も前の、歯科医院の忘年会の帰り道。

言ってみれば、酒の席での出来事でした。
 

たまたま二人でタクシー待ちをしていた時の話で、酔っぱらった松浦さんの冗談だと思ったそうです。

確かに、離婚して3ヶ月もたたない女性の、酒の席での言葉を真に受ける男性は居ないでしょう。
 

『結婚はこりごり』と断る一樹さんに対して、松浦さんは「今すぐじゃなくていい。先生が40歳まで独身だったら、私と結婚して」と迫ったそうです。
 

この後、二人がどうなったのかは分かりません。

一樹さんの話を信じるなら、同じタクシーで松浦さんを送った後、帰宅した。

つまり、何もなかったそうです。
 

そしてその後は、今まで通り経営者と従業員の関係で、一樹さんは、そんなことがあったことすら忘れていていた。

そして救急車が来た夜、その話を蒸し返されて、おぼろげに思い出したそうです。

   初めてのお泊り➀ 救急車を呼べ!

それであの夜、一樹さんがなかなか現れなかった理由が分かりました。
 

スポンサーリンク


松浦さんの気持ち

一樹さんは、全くその気はなかったようですが、松浦さんはどうだったのでしょう?

定期的に一樹さんに手料理を届けていたことを考えると、わずかな期待を持っていたのかもしれません。

あるいは、私が現れたことで、やけぼっくいに火が付いたのかもしれません。
 

「毎年、秋祭りの日に手料理を持ってきてくれたの?」

『イベントごとに持ってきてくれて、他の従業員の子たちもそれは知っていたよ』

「手料理を受け取っていたの?」

『うん。でも、まおさんとお付き合いするようになって断ったんだよ』

「それでも今日持って来たんだね」

『最後のつもりだったと思うけど』
 

そうか、最後の賭けのつもりで、あんな胸のはだけた服で訪ねて来たのか。。。
 

「ファンーデーションはどうして付いたの?」

『あれは、たまたまぶつかって』

「ぶつかって付いた位置じゃないよね?」

『まおさん、誤解だよ』

「抱き付かれた?」

『ちょっとだよ。ほんの一瞬』

「松浦さんの自宅に上がったの?」

『玄関先だよ。通路で話すわけにいかないだろ?』

「ひとり暮らしの女性の自宅に入るなんて、おかしいよ!」

『もう勘弁してよ』
 

何が『ちょっと抱き付かれた』だよ。

「ちょっと」「沢山」も一緒だよ。

隙を見せるから抱き付かれるんだ。

一樹さんにも、松浦さんにも、
そして自分にもイライラした。
 

スポンサーリンク


そして倒れた

他にも細かい話を聞いた。

でも、なかなか私の怒りが収まらないので、一樹さんはいたたまれなくなったのか「ホットミルクを入れてあげる」と言って席を立った。

時刻は24時を回っていた。

私は今朝3時起床だったので、心身共に疲労がピークだった。

きっと一樹さんだって疲れているはずだ。

そろそろ仲直りして話を終わらせなくちゃ。

喧嘩したまま1日を終りにしてはいけない。
 

そう思って「私も手伝うよ」と言って立ち上がったとたん、私は動悸と目まいで、その場に崩れるように倒れ込んでしまったのです。

スポンサーリンク


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村