ホワイトデー


まおです。

ホワイトデーの前日に、

一樹さんの上着のポケットの中に

プレゼントの箱を見つけてしまった私。
 

私へのプレゼント?

それとも他の女性?

そんな期待と不安で眠れなかった。

いやいや、眠れなかったは嘘だ(笑)

ぐっすり眠れた^^
 

でも、気になっていたのは本当で、

朝早く目が覚めてしまった。
 

スポンサーリンク


一樹さんの寝顔

一樹さんは、隣でまだ眠っている。

鼻をつまんで起こしちゃおうかな?

そんなことしちゃダメだよな。

色々考えていると、一樹さんが目を開けた!
 

「おはよ-」

『ん~。。。』

「お・は・よ・っ!」

『ん~、今何時~?』

「6時半だよ」

『まおさん、今朝は早起きなんだねぇ~』
 

一樹さんは、まだ眠そうだった。

『ふぁ~~~っ』と大きなあくびをした。
 

そんな寝起きの一樹さんに言った。

「今日は、ホワイトデーだね!」

『ん?あぁ、そうだね』

「ホワイトデーだからぁ・・・」

そういって、一樹さんを見つめた。

早く、プレゼントをちょーだい!

そんな気持ちを、瞳で訴えた。
 

すると一樹さん、何を勘違いしたのか、

『朝から、どうしたのぉ~』

そう言いながら、私のパジャマのボタンを

外しにかかった(ё_ё)
 

違う!

ちーがーうー!!
 

スポンサーリンク


イヤリング

『何?違うの??

まおさんが、潤んだ目で見つめるから

求められたのかと思った。

何だ、違うの?残念。』

そう言うと、外したボタンをはめてくれた。
 

私、完全に、おちょくられてる。
 

ムッ(`へ´)フンッ・・・としてると、

『だからホワイトデーがどうしたの?』

そう聞いてくるのでストレートに言った。

「コートのポケットの中のプレゼント、私の?」
 

『何だ、見つかっちゃったのか(・o・)』
 

そう言ってベットから起き上がると、

クローゼットからプレゼントの箱を

持ってきて私に差し出してくれた。
 

少し前にネットで見て「可愛い♡」と言った

イヤリングをプレゼントしてくれた。
 

些細な事を、本当に良く覚えていてくれる。

私の体調の変化を見逃さないのは

仕事柄かと思っていた。

でも、そうじゃなかった。

体調のこと以外にも、私の話した内容、

私がとった行動など、全て記憶している。

本当に一樹さんってスゴイ人だ。
 

「他の女性へのプレゼントかと思った」

そう打ち明けると、大笑いしていた。

『ヤキモチ焼いて貰えて光栄です^^』
 

ヤキモチは可愛く焼くと、効果があるらしい。

結構、一樹さん、喜んでいた。
 

ただ、他の男性に通用するかは

責任は持てない。。。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク