黙り込む一樹さん


まおです。

私はベットで布団をかぶったまま。

一樹さんは、ベットに腰を掛け

黙り込んだまま。

しばらく二人とも話さなかった。
 

少し経つと一樹さんが

『まおさんは、どうしたい?』

そう尋ねてきた。
 

どうしたいと言われても困ってしまう。

どうすれば良いのか分からない。

自分のことすら満足に出来ない日もある。

自分ではどうしようもない。
 

スポンサーリンク


まさか離婚?

一樹さんは、どうしたいのだろう。

こんな状況で、どんな選択肢があるの?
 

ふと頭をよぎった。

まさか離婚!?(ToT)
 

私の口から「離婚したい」って

言わせようとしてる!?(;_;)
 

私はベットからがばっ!っと

起き上がって、大声で叫んだよ。

「離婚なんて、

絶対にしない!」
 

一樹さんは、目をまん丸くして固まってた。

『まっ、まおさん、

そんなこと考えてたの?』
 

一樹さんは、大笑いしていた。

『まおさん、極論すぎて笑える♪』

「だって『どうしたい?』と聞かれても

選択肢が見つからないんだもん。」

『難しい話じゃないよ。

このまま実家でお世話になるのか?

病院に入院して治療を受けるのか?

どちらを選ぶかって事だよ。』
 

スポンサーリンク


3番目の選択肢

何だ、そーゆーことか(-_-)

心臓が止まるかと思ったよ。

「どっちも嫌だ。」

『じゃぁ、どうするの?』

「家に帰りたい。。。」

『家に帰っても、僕が仕事中は

まおさん、ひとりぼっちだよ。』

「それでも帰りたい。

一樹さんと一緒に居たい。」
 

病院に入院していたって、

ちっとも良くはならなかった。

それなら、一樹さんと一緒に居たい。
 

「明日、一樹さんと一緒に帰りたい。」

そう。

一樹さんと一緒に居たいんだ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク