離婚理由にこだわるのは辞めよう


まおです。

一樹さんとの初めてのデートで、離婚の理由を聞かされたものの、少々消化不良気味です。

しかし、もう離婚理由にこだわるのは辞めようと思いました。

「離婚」なんて当事者同士にしか分からないことだし、まして男性側の言い分しか聞けないのであれば、判断のしようもない。

一樹さんが、元の奥様のことを悪く言うのも気になりましたが、離婚する夫婦というのは、そのくらい相手のことが嫌いになるのでしょう。

もしかしたら、もっと離婚の核心に迫る理由があったのかもしれませんが、自分に不利な理由なら話さないのが普通でしょう。

私だって、4股かけられた話など、一樹さんに話したくはない。

30歳を過ぎれば、話せないことのひとつやふたつ、あるのは当然かなと。
 

嫌なら「お断り」すればいいだけだ。

スポンサーリンク


お喋り全開

ランチを終えてからは、ドライブに出かけた。

海沿いをゆっくり走りながら、お互いのことを話し続けた。

相変わらず、喋るペースは、一樹さんが8割・私が2割。

本当にお喋りな男性だ。

もちろん悪い意味ではない。

無口で、何を考えているか分からない男性より、断然お喋りな男性の方が良い。

しかし、しっかり相づちを打たないと、相づちを打つ前に次の話に変わってしまう(笑)

「うん、うん」と頭を上下させうなずいていたので、少々目まいがしたほどだ。
 

相づちを打つのに疲れた頃、思い切って言ってみた。

「一樹さんって、お喋りですよね?」

すると『あ~、よく従業員の女の子から言われるんだよねぇ。』と笑った。

治療中は『先生、口より手を動かしてください』と注意され、手が空いて受付に顔を出せば『忙しいので後にしてください』と追い返されるとか。

確かに、従業員の方の気持ちがよく分かる!!

しかし一樹さんは『でもさ、ムッツリしてる男より、何でも喋る男の方が分かりやすくていいだろ?』と。

まぁ、そうですが、何でも程度問題です(-_-;)

スポンサーリンク


趣味はスポーツ

ドライブも終盤になって、やっと趣味の話になった。

一樹さんの趣味は「スポーツ全般」となっていたので、具体的に聞いてみた。

すると、テニス・サーフィン・ゴルフ・乗馬と言われ困ってしまった。

どうせ後からバレるので、正直に「私、スポーツは全くしないんですが」と話した。

スポーツをしないどころか、テニスもサーフィンもゴルフも乗馬も、ルールすら知らない。

スポーツマンで爽やかで社交的な一樹さんに比べ、スポーツ音痴に近く人見知りもする私。

立派なお相手に気後れするというか、自信がなくなった。
 

スポーツの話題を広げられないで困っている私に、一樹さんはこう言った。

『まおさん、何か勘違いしてるでしょ?』

『僕は、スポーツを一緒にする女性を探している訳じゃないよ!』と。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク