お手伝いさんが決まった


まおです。

『お手伝いさんを雇おう』と言われ、

自分にも非があった(外出した)ので

嫌と言えずにいた。
 

一樹さんの機嫌もMAX悪くて、

これ以上口答えしない方が良いと思った。
 

でも、晩ご飯のおでんを美味しそうに食べ、

機嫌良く寛いでいた一樹さんの様子を見て

さりげな~く聞いてみた。
 

「あのね、お手伝いさんの事だけど」

『あぁ、頼んでおいたよ』

「へっ?」

『山田さんが来てくれるそうだ』

「山田さん?お義母様のところの?」

『山田さんなら、安心だ。良かったね』

「えっ。。。そうだね。安心だね」
 

心の中で叫んだ。

安心じゃねぇよ(`へ´)フンッ
 

我が家の情報が、お義母様に

ダダ漏れになるじゃないかっ!
 

スポンサーリンク


行動力と決断力が裏目に

昼間は、家政婦紹介所的な会社にお願いしようか、求人誌で募集を出そうかと言っていた一樹さん。

でも、毎日来て頂く必要はない。

家事代行サービスなら気軽にお願い出来るけど、同伴でスーパーに買い物に行ってくれるのかな?

通院の付き添いなんて、してくれるのかな?

いずれにしても、すぐには決まらないだろうから、ゆっくり考えて居るうちに、一樹さんも忘れちゃうんじゃないかと期待していた。
 

しかし、行動力と決断力のある男らしい一樹さん。

どうやら、すぐにお義母様と山田さんの了承を得て、私に相談もなく決めちゃったのだ。
 

山田さんとは何度もお会いしているし、話もしている。

とても良い方で、山田さんが来て下さることに対して不満はない。

でも、そんな大事なこと、一樹さん一人で決めちゃう?

事前に『山田さんにお願いしようか?』の、ひと言くらいあっても良いよね?
 

スポンサーリンク


決定権は夫?

以前に、何度か書いているけれど、一樹さんは大抵のわがままは聞いてくれる。

「コストコ行きたい!」

『良いよ』

「やっぱり映画にする!」

『はいはいUターンします』

「ピンクかブルーか悩む」

『両方買ってきな』
 

でも、大事なことは、全て一樹さんが決める。

“決めてくれる”と言うより“決めてしまう”と表現した方が正しいかも。
 

入籍や転院など、いつも一樹さんがリードしてくれて頼もしかった。

生活費など金銭的なことも、全て一樹さんにお任せだ。
 

もちろんそれに不満はないし、一樹さんに従えば間違いないと思っている。
 

でも、今回のことは、事前に相談して欲しかった。

ただ、既に決まったことで、山田さんも来て下さる気持ちでいて下さるようなので、あえて不満は口にしなかった。
 

夫婦間の決定権は夫にあるのかな?

かかあ天下という言葉もあるけれど、

我が家には当てはまりそうもない。
 

年齢差も関係あるかな?

年上の方に決定権がある?
 

それとも収入の多い方?

だとしたら、決定権は、

一生涯、一樹さんだな(-_-;)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク