一樹さんの育った家庭


まおです。

一樹さんのご実家を初めて訪ねた時から

なんとな~く分かってはいたよ。

育ちの良い人だなって。

まぁ、わかりやすく言えば「お坊ちゃん」だなって。
 

ぶっちゃけてしまえば、初めて婚活パーティーで会った時から、品の良い男性だと思っていた。

余裕があったよね。

金銭的余裕という意味ではない。

(もちろん金銭的余裕もあっただろう)
 

男性も女性も「婚活」でギラギラ&ガツガツしている中で、どこか涼しい目をしていた。

ただそこに立っているだけで、育ちの良さが分かってしまうと言うのかな?

ひと言、言葉を交わしただけで、他の男性と何か違うと感じ取れた。
 

立ち居振る舞いの、全てに余裕があった。
 

「いかに自分を良く見せるか」しか考えていない婚活集団の中で、飾らない一樹さんは新鮮だった。
 

スポンサーリンク


お手伝いさん

聞けば、物心ついた頃から、常に自宅にはお手伝いさんがいたらしい。

そして、小学校の中学年頃までは、どこの家にもお手伝いさんがいると思っていたと言うから、筋金入りのお坊ちゃんだ。
 

亡くなられたお父様は、自宅に仕事関係のお客様を連れてくることが多く、毎日、必ず誰かが訪ねてきていたという。

そのお客様のおもてなしを、お義母様とお手伝いさんがしていたらしい。
 

あのご実家の広さを考えれば、掃除機掛けだけでも半日掛かってしまうだろう。

広大な敷地の庭の手入れは、今も庭師さんが行っている。
 

こんな一樹さんの常識に、私の常識が追いついていかない。
 

『まおさんの実家だって、お手伝いさんがいらっしゃったよね?』

って、そりゃ誤解だす。
 

我が家は、父の会社の経理を母が手伝っているので、毎日忙しい。

日々おろそかにしている家事を、月に2回、家事代行サービスを使っているだけだ。

水回りや、猫の額ほどの庭を、プロの技で綺麗にしてもらっているだけ。

そう、ダスキンさんだ。

決して「お手伝いさん」などではない。
 

スポンサーリンク


身内

ひとつ救われるのは、一樹さんの中で、お手伝いさんは「お手伝いさんじゃなくて身内」らしい。

一生懸命に家の中の仕事をしてくれて、他人ではなく身内と一緒の感覚だという。

そう言われれば、お義母様とお手伝いの鈴木さん・山田さんは、一緒のテーブルで、一緒の食事を、一緒にとっていた。
 

なるほど!

そんな心の通った関係なのか!

・・・って、簡単には理解できない。
 

どんなに考えても、私の周りでお手伝いさんのいるご家庭はない。

テレビドラマで見るくらいだ。

それくらい縁のない世界だ。
 

こんなことを言っては申し訳ないけれど、全くの他人を、家の中に入れることに抵抗がある。
 

それに、今の我が家に、お手伝いさんは必要なのか?
 

『外出に付き合ってもらったり、話し相手になってもらえば良い』

そう言う一樹さんに、心の中で叫んだよ。

「お金払って話し相手になってもらうって、勿体なくね?それに私、そんな淋しい女と思われてるのかね?」
 

私と一樹さんの常識は違う。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク