逆らわない


まおです。

一樹さんのご機嫌は、すこぶる悪かった。

『お手伝いさんを雇おう。』

そう言われても「嫌!」と言える雰囲気ではなかった。

かといって「うん。」とも言えなかった。
 

下を向いて、しおらしく「反省しています。」というポーズを取り続けた。
 

おかげで、お昼ご飯を食べ終わる頃には、なんとか機嫌も良くなり、さっそうと午後の診察に下りて行った。
 

あぁ、怖かったぁ~。
 

スポンサーリンク


そのたまごは。。。

晩ご飯は、そう、おでん。

一樹さんは『美味い!』と喜んで食べてくれた。

和辛子をたっぷりつけて

『鼻に抜けるぅ(*_*)』

体を震わせながら(?)食べてくれた。
 

たまごは、1個目は味噌をつけて田楽風に。

2個目は鰹節をたっぷりかけて。

そう、2個も食べてた!
 

どうだい?

たまご美味いだろう?

たまごがなくちゃ、おでんじゃないだろう?

そのたまご、私が昼間、一人でスーパーに買いに行った、たまごだけどね。

随分、叱ってくれたよね?

でも、たまごがあって良かったでしょ

『昼間はゴメンね』とか

『買いに行ってくれてありがとう』とか

何かねぎらいの言葉はないかい?
 

そんな言葉が、喉まで出かかったよ。

でも、グッと堪えた。
 

スポンサーリンク


お手伝いさん

結論から書くと、お手伝いさんが来ることになった。

正しくは「なっていた。」だ。

この辺のことを、詳しく書きたいと思っていた。

でも、今日は、一樹さんがお休みで、1日中一緒だったので、思うようにブログが書けなかった。

だから、明日以降、書いていこうと思っています。
 

ちょっと考え方が違いすぎてね。

いや、感覚が違いすぎるって言ったら良いのかな?

そうだ!「育ち」が違う。

うん、多分、これが一番しっくりくるな。
 

一樹さんに反抗はしない。

一樹さんの決定に従うよ。

でもさ、なんか納得できないんだよね。

なんかモヤモヤしてます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク