遠くからでも・・・


まおです。

今日は木曜日で、仕事がお休みだった一樹さん。

一樹さんの到着が待ち遠しくて、1時間も前からそわそわしていた(*^_^*)
 

『鰻弁当を買っていくから、一緒にお昼に食べよう!』

そう言ってくれた一樹さんの到着を待ちきれなくて、病室を出て、駐車場が見える廊下へ出た。
 

午前中の診察を受けて、帰宅する患者さんの車が多い中、1台の白い車が遠くから走ってくるのが見えた。

一樹さんの車に似てる!

木々の間から、ちらっと見えただけだけど、何となく分かるから不思議(^o^)
 

病院の駐車場に入ってきたその車は、少し遠い位置に駐車した。

ん~、遠くて分かりにくいなぁ~。

そう思って見ていると、車の中から一人の男性が降りてきた。

間違いない!

あのシルエットは一樹さんだ♪(*^-^*)♪
 

私は急いでエレベーターで、玄関ホールに降りていった。
 

スポンサーリンク


ドキドキする

12時近かったけれど、会計窓口付近は、まだ少々混み合っていた。

一樹さんを見逃さないように、キョロキョロしながら待っていると、自動ドアの向こうから入ってくる姿が見えた。

と、同時に、一樹さんも私に気付いてくれた!
 

小走りに私の元まで来ると

『待っててくれたの?』と。

「うん。鰻弁当を待ってた!(^^)!」

『だろうね(-_-;)』
 

一樹さんはブツブツ言いながらも、すっと私の手を取って歩き始めた。

病院だろうと、どこだろうと、人前で手をつなぐことに、抵抗はないようだ。
 

交際当初から、ずっとそうだった。

ご近所の方が見ていても、お友達の大地さんの前でも、平気で手をつないできた。

私は、いつも恥ずかしくて、下を向いて歩いていた。
 

正直、今でも少々恥ずかしい。

そして今でもドキドキする(*^_^*)
 

スポンサーリンク


担当医との面談

病室に戻ると、すぐに鰻弁当を頂いた。

病室中に、香ばしい甘辛ダレの香りが充満する。

ふんわりと柔らかい美味しい鰻だ。

思わず、笑みがこぼれてしまう。
 

鰻は完食しちゃった。

ご飯は半分くらい残してしまった。

ちょっとお行儀が悪いけれど、

『今はそれでいいよ^^』

そう言ってくれた。
 

デザートに、お義母様の持ってきてくれた葡萄を頬張っていると、看護師さんがやってきた。

「担当の先生から、お話があるので、17時に面談室に来て下さい。」
 

何の話だろう?

一樹さんと顔を見合わせてしまった。

治療方針の説明かなぁ?

それとも検査結果が悪かったのかなぁ?
 

一抹の不安を感じなからも、17時に一樹さんと一緒に、面談室に向かった。

結果は、意外なものだった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク