感情の波


まおです。

自分でもどうしようもないくらい、

感情というか、気持ちに波がある。
 

昨日は、あんなに前向きだったのに、

今日は理由も無く涙が止まらなかった。
 

かと思えば、数時間後には、

こうしてブログを書いている。
 

自分でもびっくりするくらい不安定だ。

感情の起伏が激しいというのとは違う。

どう説明していいのか分からない。
 

特別嬉しいことも無いのにワクワクしたり

特別悲しいことがあったわけでも無いのに

気持ちが沈んでしまう。
 

鬱?

それともホルモンのバランスが崩れてる?
 

とにかく、嬉しい時も悲しい時も、

感情をコントロール出来ない。

ストレートに表現してしまう。
 

スポンサーリンク


一樹さんのお見舞い

一樹さんは、12時少し前に来てくれた。

『マックとスタバに寄ってきたよ!』

そう言って、大きな荷物を

ドン♪と病室のテーブルの上に乗せた。

「ありがとう♡」
 

病室(個室)の窓際に椅子を移動して、

外を眺めながら、一樹さんと一緒に

ハンバーガーとポテトをつまんだ。
 

『マックなんて久し振り。たまには良いね^^』

「だね^^」

そう言いながら肩を並べて食事をした。
 

気持ち的には、中高生のデートかな?(笑)

カリカリに焦げたポテトが1本あって、香ばしくて美味しそうなので譲り合いになった。

『これ、一番美味しいとこだよ!まおさん、食べな!』

「いいよ、一樹さんにあげるよ^^」
 

冷静になれば「いい大人が何やってんの?」って感じだけど、二人にとっては、楽しくって幸せな時間だった。
 

スポンサーリンク


寝顔

お昼ご飯を食べてお腹が一杯になったら

一樹さんは眠くなってしまったらしい。

ソファーにもたれてテレビを見ていたと思ったら、すぐに、スヤスヤと寝息が聞こえてきた。
 

小さなソファーからズリ落ちそうになりながら眠る一樹さん。

ジーっと穴が開くほど見つめていたけれど、起きる気配が無い。

覚醒したのは、1時間後だった^^
 

その後は

『まおさん、僕が居るうちに、

シャワー浴びて来たら?』

そう言ってくれたので、お風呂に入った。
 

貧血気味なので「家族が付き添っていればシャワーOK」という条件付きの許可が出ていた。

一樹さんに外で待機してもらって、シャワーを浴びた。
 

やっぱりシャワーを浴びるとスッキリする。

体も心も爽やかだ(^o^)
 

でも、この後、とても悲しいことが起きた。

一気に気持ちが沈んでしまった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク