甘えているだけ


まおです。

コメントありがとうございますm(_ _)m
 

確かに、一樹さんに、

甘えているだけかもしれません。

甘えたいだけ甘えさせてくれるので。
 

命に関わるような病気ではないみたい。

でも体重が減り続ける恐怖。

病名が分かれば、その治療が出来る。

しかし原因も病名も分からない。
 

体が思うように動かないもどかしさと、

この先どうなってしまうのかという不安。
 

せめて病名さえ分かったら、

気持ちは楽になるのかもしれない。
 

今はただただ、一樹さんに対して

申し訳ないという気持ち。

そして自分自身に対する絶望。
 

生きている意味も価値も無いと思った。
 

スポンサーリンク


一緒に・・・

『じゃぁ、一緒に死のうか?』

昨日、一樹さんはそう言ってくれた。

怒られると思っていたから驚いた。
 

私がポカンとしていると、

『ひとりじゃ怖いでしょ?

 僕も一緒に逝くよ。』

顔色ひとつ変えず言い放った。
 

恐らく、死ぬつもりなんて無いだろう。

私の気持ちに寄り添ってくれただけだろう。

でも、私はこの話に乗ってみた。
 

「どうやって逝く?飛び降りる?」

『周りに迷惑を掛けちゃ駄目だよ。

それに綺麗に、楽に逝きたいよね。』

「苦しまずに逝ける方法ある?」

『どうかな?逝ったこと無いからね^^』

「じゃぁ、どうすればいいの?」

『調べておくから、少し待ってて。』

「うん。分かった。」

『だから一人で逝っちゃ駄目だよ。』

「うん。」
 

馬鹿なことをしたら駄目だと言いたかったのだろう。

スポンサーリンク


人生の意味や価値

今夜もお見舞いに来てくれた一樹さん。

帰り際にこう言っていた。

『まおさん、人生の意味とか価値とか

そんな難しいことは考えちゃ駄目だ。

誰も答えなんて持ってないよ。』
 

私だけじゃなく、一樹さんも分からないのか。

一樹さんが分からないのに、私に分かるはずも無い。
 

昨日より、少し気持ちが楽になった。

どうせ死ぬのなら、急がなくても良いかと思える。
 

この寒いのに、屋上に上がるもの億劫だしね。

なんだ私、結構冷静じゃないか(笑)

死ぬのも、面倒くさいなと思えてきた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク