長男だけど・・・


まおです。

一樹さんは長男です。

しかし、一樹さんが歯科医院を開業し実家を出たので、弟さんが後を継ぐことになっています。

つまり、私は長男の嫁ですが、義両親(お義母様)との同居の必要がないというわけです。

これは交際当初から分かっていたので、同居の心配をすることはありませんでした。
 

友人からは「えっ?長男?大丈夫?」って心配されました。

でも、同居の必要がないと伝えると「羨ましい」と言われました。
 

実家の母も「らっき~じゃん!」と申しておりました(^_^;)

母は父と結婚した当初、半二世帯で同居の経験があり、苦労したようです。
 

大好きな人の両親とはいえ、やはり同居って大変みたいですね。
 

スポンサーリンク


義両親の後のお風呂

話が少しそれましたね。

お風呂の話に戻します。

これは友人の話。
 

単世帯で義両親と同居されています。
 

「嫁」という立場上、そして家事の都合上、友人がお風呂に入るのは、いつも一番最後。

お湯が汚れているのが、どうしても我慢出来ないんだそうです。

既に70歳を過ぎている義両親で、風邪をひいて風呂に入らなかった翌日、平気で一番風呂に入るのが許せないと話していました。
 

「夫の入浴した湯船に浸かりたくない」という妻がいるなら「義両親の入浴した後の湯船に浸かりたくない」という妻がいても不思議じゃない。
 

私はどうだろう?

もし一樹さんの御両親と同居していたら、御両親の入った後のお風呂に浸かれただろうか?

同居の予定がなかったので、そんなこと考えたこともなかったし、想像も出来ないよ。
 

でも、私の入浴後に、義両親が入浴するのは嫌だな。

それなら義両親に先に入浴して貰った方が、気が楽だ。
 

ちなみに友人は、お風呂のお湯を入れ替えているという。

毎日嫌な思いをするより、多少光熱費が掛かっても、お湯を張り替えた方が良いという結論に達したようだ。
 

昨日まで他人だった人たちが、家族になるって大変なことだと思った。

たかが風呂の湯。されど風呂の湯。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク