心に刺さる一言


まおです。

お義母様に「仕事なんてしなくて良いのよ。」とハッキリ言われ、愛想笑いで返した私。

私の体を心配しての発言だ。

感謝しなくてはならない。
 

でも、どうしても仕事に復帰したい私は、複雑な心境だった。

自分の気持ちを伝えたくて、言葉が喉まで出てきたけれど飲み込んだ。
 

いつか一樹さんが言っていた事を思い出した。

『お袋は外で働いたことがない。家庭を守ることが女性の仕事だと思っている。そんなお袋に、外で働くことのやりがいを説いても、理解できないと思う。』

お義母様と私とでは、考え方が違う。

どちらが正しくて、どちらが間違っているか・・・そんな単純な事では無いと思っている。
 

スポンサーリンク


お義母様の本音を聞いた

とにかく、今日のところは引き上げよう。

そう思って、一樹さんと帰り支度を始めた。

玄関先まで見送って下さったお義母様に、しっかり挨拶をして帰ろうと向き合った時・・・トドメの一言を頂いた。

「赤ちゃんを授かったら、すぐにまた仕事が出来なくなるんだから、慌てて仕事に戻ることないわ^^」
 

あっ、とうとう言われちゃった(>_<)
 

返事に困っていると、横から一樹さんが口を挟んだ。

『前にも言ったと思うけど、その予定は無いから!』
 

ハッキリ言ったよ!

どストレートに言ったよ!
 

お義母様はポカンとしてた。

そして一言「あぁ、そうなの。。。」

そう言ったきり黙ってしまった。
 

スポンサーリンク


落ち込む

その後、ひとりで色々考えた。

一樹さんがハッキリ伝えてくれたので、良かったと思う。

でも「子供が出来ない」と決まっちゃったみたいで辛い。
 

お義母様はどう思ったかな。

恐らく驚いただろう。

残念に思っているかな?

それとも怒っているかな?
 

どうして子供を作らないのか、

不思議に思っただろうな。
 

これまで自然に任せるつもりで、

あまり気にしていなかった。

けれど、今回の様なことがあると、

どうしても考え込んでしまう。
 

それでも不妊治療をしてまで、

子供を産もうという気持ちになれない。
 

その夜、私の様子を心配してくれた一樹さんと話し合った。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク