迷惑を掛けてばかり


まおです。

お義母様は相当驚かれていた。

それはそうだろう。

リビングから一樹さんが大声で

『母さん!母さん!早く来て!』

そう叫んだのだから。。
 

「どうしたの!?」と言いながら

大慌てで走ってくる足音が聞こえた。
 

そこには、一樹さんがお茶を乗せたお盆を片手で持ちながら、反対の腕で私が倒れないように抱えてくれていた。
 

お義母様は相当驚いたのだろう。

「わっ。。。」と小さく叫ぶ声が聞こえた。
 

一樹さんはお盆をお義母様に渡して

私をその場にそっと座らせてくれた。
 

「まおさん、顔色が真っ青よ!救急車を呼ぶ?」と動揺していたお義母様を『大丈夫だよ。貧血だからじっとしてれば良くなる。』と落ち着かせていた。
 

スポンサーリンク


本題(ドタキャン)には触れない

気分が悪いのはすぐに回復し、その後は、お茶を頂きながら話をした。

私の具合が悪くなったのが、ご親戚のドタキャン騒動が原因だと勘違いされたらしいお義母様。

気を遣って下さったのか、ドタキャンの話は一切出なかった。

しかしそれがとても不自然で、逆に居心地が悪かった。

けれど、自分で話を振る勇気もないし、一樹さんも何も言わない。

結婚式の話や新婚旅行の話など、楽しかった話題で盛り上がった。

一樹さんがジョギングシューズを持って行った事も、もちろん話した^^

お義母様は「一樹らしいわ。」と笑っていた。

そこは「新婚旅行に持っていく物じゃないわね。」と叱って欲しかったが、そうはならなかった(^_^;)
 

スポンサーリンク


家庭に入れって?

楽しく1時間ほど話をして、そろそろ失礼しようとしたときだった。

「まおさん、体を大事にしてね。」

声をかけてくれたお義母様に、

『ありがとうございます。ブライダルの仕事も、もう少し休むことにしました。』と返事をしたのがまずかった。。。

「えっ?お仕事辞められたんじゃないの?」と聞かれた。
 

誰がそんなこと言ったんだよ!
 

チラッと横目で一樹さんを見ると、聞こえていないようだった。

私が返事に困っていると、お義母様は一気に話し出した。

「まおさんは、家庭に入ってゆっくりすると良いわ。その方が体にも良いわ。一樹が頑張って働くから、まおさんは働く必要はないわ。のんびり過ごしなさい。」だってぇ~(*_*)
 

「働く必要ない」とまでハッキリ言われてしまって、目を白黒させてしまった私。

ここは反論せずに、大人しく帰宅した方が良さそうだと思った。
 

そしてご挨拶をして玄関を出ようとしたその時、トドメを刺された。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク