午前様でした


まおです。

昨夜、一樹さんが帰宅したのは、

午前1時を少し回った頃でした。
 

タクシーの音がしたので、帰ってきたのは分かったのですが、玄関には迎えに出ませんでした。

意地悪をしたわけではありません。

『まおさん、先に寝ていて』とLINEが入っていたので、いかにも待ってましたと迎えに出るのはやめました。
 

すると、リビングのドアをそ~っと開けて、半分顔をのぞかせた一樹さん。

『まおさん、起きてたの?

ゴメンね。遅くなっちゃったの。』
 

『なっちゃった。』って、なんで女子語なの(笑)
 

『怒ってる?』と聞くので

「怒ってないよ。

どうして怒ってると思うの?」

そう尋ねると

『だって、まおさん、玄関まで

迎えに来てくれなかったから。』

だってぇ~(-_-)
 

何だ、迎えに出るのが正解だったのか。

酔っ払いの気持ちに添うのは難しいねぇ。
 

スポンサーリンク


結婚祝いで飲まされた

先生方から「結婚祝いだ!」と言われ

2次会、3次会まで連れ回されたせいで、

こんなに遅くなったと言い訳をしていた。
 

私、全然怒ってないんだけど。

むしろ「お祝いして貰って良かったね」って言っているのに。
 

ひと通り言い訳をすると、今度は『怒ってないならチュ~して!』と言い出した。
 

もう、ただの酔っ払いのおっさんだ(–;)
 

丁重にお断りして、そのままお風呂場に押し込んだ。
 

新年会は相当楽しかったらしい。

鼻歌を歌いながら、シャワーを浴びていたから^^
 

スポンサーリンク


平和な1日

そんなわけで、今朝、一樹さんは寝坊した。

「もう7時だよ。起きなくて良いの?」

そう尋ねると

『まだ7時だ・・・』だって(ё_ё)

それ、いつもの私の台詞なんだけど。
 

結局、一樹さんが起きたのは10時過ぎ。

遅い朝食を済ませた後、ぽ~っとしてソファーに座って新聞を読みながら・・・また寝てた(^_^;)

最近忙しかったから、疲れていたのだろう。
 

平凡だけど平和な1日だった。

一樹さんと二人だけで、自分たちのことだけ考えて過ごせた休日だった。

このまま二人だけで生きていけないかなぁ~とか考えた。
 

結婚って楽しいし幸せだけど、いろいろ面倒くさいこともあるよね。

恋人同士だった頃とは違う。

親戚付き合いも、ご近所付き合いも。

今は、私は歯科医院の仕事は一切手伝っていないけれど、それでも全く知らん顔は出来ない。
 

結婚って、男性も女性も責任を伴うよね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク