平穏な日々


まおです。

結婚式の準備や新婚旅行で忙しい毎日でしたが、やっと落ち着いてきました。

病んで入院し退院した後、一樹さんが『結婚式の日を目標に、体調を整えていこう』と言ってくれて、それが実現できました。

体重も1.5キロほど戻って体調も良いです。
 

伯父様とのトラブルで怪我をした傷も、絆創膏で隠せるくらいに治ってきました。

ただ、傷跡が残ってしまって、一樹さんが美容外科の先生に診て貰おうと言います。

掌の傷が、ちょっと酷い。

放っておけば、次第に傷は目立たなくなるのでしょうが、一樹さんが『なるべく綺麗に治してあげたい』と言うので。

責任を感じているのかなと思います。
 

スポンサーリンク


新婚旅行のお土産

お昼ご飯の片付けをしていると、インターホンが鳴りました。

宅急便のお兄さんです。

荷物が届く予定はありませんでしたので、何だろうと思いながら応対しました。
 

玄関先で、宅急便のお兄さんから渡された荷物。

見覚えのある荷物でした。

そうです。

新婚旅行のお土産です。

親戚や友人に宅急便で送ったお土産の一つが、送り返された来たのです。

差出人は、昨日、私を無視した親族の役員の方でした。

あらまぁ、ここまでするか。
 

一樹さんに黙っているわけにも行かないので、晩ご飯の後に話をしました。

さすがの一樹さんも絶句していました。

「実は昨日ね、会議室で無視されちゃったんだよね。」とサラッと伝えておきました。
 

スポンサーリンク



二人の間に沈黙が流れました。

一樹さんが何を考えているのかは分かりません。

私は、その場の雰囲気が重過ぎて「お風呂入ってくる。」そう言って逃げ出しました。
 

お風呂から上がると・・・・・

一樹さんが返品されてきたお菓子を、開封して食べていた。

『美味しいよ。まおさんも食べなよ!』
 

確かに美味しいよ。

美味しいけど、気持ちは複雑だよ。
 

私がお風呂に入っている間に、先方に電話をしたのかな?

それとも抗議する気も起こらなかったかな?

わざわざ確認するのも野暮だと思って、何も聞かずにおいた。
 

いちいち抗議して貰う必要もないし、希望もしない。

この親族の方と、このまま縁が切れたらラッキーとさえ思うよ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク