一樹さんと私のお正月


まおです。

一樹さんが『お雑煮を食べたいよぉ~』

と言うので、急いで買い出しに行った。
 

お雑煮と煮物を作った。

でも、おせち料理を作る時間がない。

スーパーで食べたいおせちだけ購入し、

重箱に詰め込むという必殺技を使った。
 

新婚旅行から帰ったばかりだし。

最初から張り切ると後が続かないし。

一樹さんも、おせち料理は飾りって言ってたし。
 

もっともらしい言い訳を考えながら、

早い話が手抜きの正月料理を作った。
 

新婚旅行先では食べ物は美味しかったけど

やはりお出汁と醤油味が懐かしい。
 

『お雑煮、美味しいね。』って

褒めて貰って嬉しかった(^_^)
 

スポンサーリンク


夫婦になった実感

入籍・結婚式・新婚旅行。

人生の一大イベントを一通り終えて、

一樹さんと夫婦になった実感が湧いた。
 

一樹さんが、誰かに私を紹介するとき

『妻です。』

な~んて言ってくれるのが嬉しい。

『妻』って、とっても魅力的な響きだ(*^_^*)
 

一樹さんの妻と呼ばれるのは私だけ。

特別な存在になれたと嬉しく感じる。
 

ん?まだ、おままごとの域を出ないかな(^_^;)

こんなオノロケけを言えるのも今だけだから、大目に見て欲しいm(_ _)m
 

スポンサーリンク


幸せ?

すごく幸せだ。

間違いなく幸せだ。

大好きな人と結婚できたんだもん。
 

一樹さんは結婚前と変わらず優しい。

思いやりもあって、大切にしてくれる。

大抵のワガママは聞いてくれる。

何不自由ない生活を送らせて貰っている。
 

友達にも「羨ましい」と言われた。

「良いなぁ~」と言われた。

その度に、満面の笑みで答えた。
 

でも、今の幸せは完璧じゃない。

完璧なふりをしているしているだけだ。
 

伯父様の件で、一樹家の親族の一部で、

私に対する風当たりが強くなってきた。
 

どんなに辛くて悲しくても

「そんなことは全く気にしてません。」

そんな態度で居ることが、

少々辛く感じてきました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク