披露宴


まおです。

披露宴は滞りなく執り行われ、お開きの時間を迎えました。

ご列席頂いた皆様に、お食事を楽しんで頂き、私と一樹さんが、お一人お一人の席を回ってご挨拶をさせて頂く、落ち着いた披露宴でした。

すべての方とお話が出来て、良かったと思いました。
 

2~3日前から緊張していた一樹さんを心配していましたが、堂々とした新郎挨拶でした。

『まおさんを必ず幸せにします。』

そう言ってくれて、涙が出ました。
 

スポンサーリンク


花嫁が・・・

お開き後、友人達が一緒に写真を撮ろうと待っていてくれました。

私は緊張がほぐれ、ホッとした気持ちもありました。

同時に、ウェディングドレスを着て、一樹さんの隣にいる自分に興奮(?)していました。
 

そんなとき、私に駆け寄ってくる友達を見つけ、私も友達に掛け寄ろうとしたその時。。。

踏み出した右足で、ドレスの裾を踏んづけてしまった。
 

あっ、ヤバイ!
 

そう思ったときには、もう遅かった。

右足をくじき、そのまま崩れるように右側に倒れ、ドレスのスカート部分に体が埋もれてしまった(‥;)
 

周りにいた式場スタッフが、一斉に駆け寄ってくるのが分かった。

男性スタッフもいたが、基本、男性スタッフは花嫁に触れることは禁止だ。

花嫁介添え担当の女性エスコーターと、フロントの女性スタッフが、急いで助け起こそうとしてくれた。

けれども、オーガンジーのスカートが邪魔をして、なかなか助け起こせない。

フリフリのオーガンジーのスカートの中で溺れそうになった。

友達も手を貸そうとしてくれたけれど、スカートが邪魔をして手が届かない。
 

皆でバタバタしていると、気付いた一樹さんが飛んできて、後ろから両脇を抱えるようにして立たせてくれた。
 

『まっ、まおさんっ!一体、何してるの???(°°;)』
 

「あははっ。。。(ё_ё)」
 

もう、笑って誤魔化すしかない。
 

スポンサーリンク


誰も笑わない

でもさ、誰も笑ってくれないんだ(-_-)

笑ってくれたら救われたんだけど、花嫁がコケるって激レアなケースで、皆、笑うのが正解かどうか分からなかったんだと思う。
 

私も長くブライダルの仕事をしているけれど、花嫁が転んだのって見たことない。

スカートの裾を踏んづけてよろける場面は多々あるけれど、転んだ花嫁は居ない。
 

友達も皆、何事もなかったかのように、私の周りを囲んで写真撮影を始めた。

ものすご~く、恥ずかしくなった。
 

遠くで、一樹さんの友達の大地さんが、お腹を抱えて笑っている姿が見えた。

いくらなんでも笑いすぎだ。

にらみつけたら、私に背中を向けて、肩を震わせて笑っていた。
 

きっと皆、思っただろう。

あの花嫁なら、披露宴前の大事な時期に、ジョギングで転んで怪我をしてもおかしくないと。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク