カメラに映った真実


まおです。

手のひらの傷は、テーピング&ブライダルブーケで完璧に隠したつもりだった。
 

神殿での指輪交換で、指輪をはめて貰うときは、一樹さんが、さりげなく私の手のひらを、下から包み込むようにしてはめてくれた。

指輪が薬指に、すんなりはまってくれてホッとした。
 

でも、ここで気を抜いてしまった。
 

続いて、私が一樹さんに指輪をはめる番だ。

指輪に手を伸ばし手に取った後、落とさないように無意識に手のひらを上にしてしまった。

この一瞬を、天井付けのブライダルカメラがとらえ、ロビーのスクリーンにリアルタイムで上映されてしまったらしいのだ。
 

スポンサーリンク


夫のDV?

「らしい」というのは、まだ映像を確認していないからだ。

ロビーにいた友人の話だと、ちょうど指輪交換の手元をアップで撮影していたので、テーピングがはっきり見えたらしいのだ。

誰もが「あれっ?」という表情を見せたらしい。
 

花嫁がテーピングしてる。

花嫁が怪我をしている。

花嫁が事故に遭った。

花嫁が自傷した。

花嫁がDVを受けた。

そんな連想ゲームの様な憶測が飛んだと知って驚いたよ。
 

DVは困るよ。

一樹さんが、そんなことするわけ無いじゃないか。

誤解を解くために、披露宴では自ら「ジョギング中に転んじゃってねぇ~(^_^)v」と、明るくカミングアウトしながら各テーブルを回ることになった。
 

友達からは大笑いされ、親族からは呆れられた。
 

で、この後、とっておきの失敗をしてしまった。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク