伯父様と叔父様


まおです。

「伯父様」を「叔父様」と誤変換してしまって、分かりにくくてごめんなさい。

一樹さんの亡くなったお父様のお兄様なので「伯父様」が正解ですm(_ _)m
 

つまり伯父様が長男、一樹さんの亡くなったお父様が次男。

交際当初は、一樹さんのお父様が長男だと思っていました。

だって、一樹家企業の代表だったと聞いていたので。
 

どうやら元凶は「次男」である一樹さんのお父様が、「長男」である伯父様を差し置いて(表現が適切かどうか分かりませんが)、企業の代表を務めた事にあるようです。
 

このあたりのことは、一樹さん自身もよく分からないそうです。

亡くなったお父様からは何も聞いていないそうで、お母様も話したがらないそうです。
 

一樹さん曰く『つまらない身内の争いに、まおさんを巻き込んでしまった。申し訳ないとしか言い様がない。』
 

原因は根深いところにあるようです。
 

スポンサーリンク


疲れが見える

12月に入ってから、歯科医院の仕事は多忙だった。

年末で診察日も限られている事から、予約も混雑していた。

また、予約外の患者さんも多く(時期的なものらしい)いらっしゃった。

そこに結婚式の準備が重なり、今回のトラブルが起きた。

さすがに一樹さんも、疲れた表情を見せ始めた。
 

そこにお義母様から示談を打診され、思い通りに事が進まないことに苛立っているようにも見えた。
 

お義母様からの電話を切った後、こう言われた。

『まおさん、当分の間、ひとりでは外出しないで。』

「夜は外に出ちゃいけないって事?」

『昼も夜もだよ。』

「えっ?何で?」

『心配だから。何かあったら困るから。』
 

スポンサーリンク



何かあったらって、これ以上、何が起こると言うの?

さすがにそれは考えすぎじゃないかな?

「大丈夫だよ。気をつけるから-」

そう言いかけたところで、大きな声で言い返された。

『絶対にダメだ!』
 

大きな声に、飛び上がるほど驚いた。

「そんな大きな声出さないでよ。びっくりするよ。。。」

『ごめんね。とにかく、ひとりで外出しないで。伯母が接触してきたら困るから。』
 

伯父様の次は伯母様?

それを聞いて怖くなった。
 

それからは玄関チャイムが鳴るたび、電話が鳴るたび、外で物音がするたび・・・

いちいちドキドキしてしまう。

日常生活に支障が出始めた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク