無言で去る


まおです。

B弁護士と伯母様が監視カメラの映像を見ている間、私は二人の様子をじっと観察していた。

暴行の時のことを思い出したくないので、映像を見たくなかった。

しかしそれ以上に、特に伯母様がどんな表情をするのか興味があった。
 

B弁護士は、時折眉をひそめながら映像を見ていた。

それに対して伯母様は、顔色一つ変えず、ただパソコン画面を見つめていた。

何を思い、何を考えているのか?

全く想像がつかない。
 

監視カメラの映像を見終わるとB弁護士は

「一樹さんが示談に応じられないとおっしゃる気持ちが、よく分かりました。」

そう言ってくださいました。

伯父様の暴力は、弁護士さんから見ても、悪質で激しかったのでしょう。
 

それに対して伯母様は、何も言いません。

それどころか、私をにらみつけるような眼差しで見ていました。
 

伯母様の様子に気付いた一樹さんが

『何かおっしゃりたい事がありますか?』

そう尋ねても、伯母様は無言でした。
 

スポンサーリンク


謝罪の言葉が無い

結局、伯母様から謝罪の言葉はありませんでした。

監視カメラの映像を見た後は、一言も口を開きませんでした。

「申し訳なかった。」と言う言葉を期待していた私は、完全に肩すかしを食いました。
 

最後にB弁護士が、当面の治療費と言って30万円の入った封筒を差し出しましたが、一樹さんが突き返して終わりになりました。
 

こんなことは初めての経験で、今後、どうすればいいのか分かりません。

暴行を受けたのもショックでしたが、数日後に控えた結婚式を、ガーゼ姿で迎えることが悔しくてたまりません。

特に両手のひらの傷が酷くて。

それ以外にも、転んだときに打った肘が、青黄色くあざになってしまいました。
 

これには一樹さんも胸を痛めていて『まおさんに本当に申し訳ない。』を繰り返しています。

結婚式当日、一樹さんが目立たないように肌色のテープ(?)を巻いてくれる事になっていますが、傷が広範囲なので、どこまで隠せるか心配です。

結婚式場の衣装担当者さんには、肘まで隠れる長いウェディンググローブを、用意していただくようにお願いしました。
 

スポンサーリンク


挙式披露宴に欠席

翌日、お義母様から一樹さん宛に電話があって、伯母様が私達の挙式披露宴に列席しない旨の連絡がありました。

当然と言えば当然で、ホッとしました。
 

ただ、お義母様から遠回しに「示談して欲しい」と言われたようで、一樹さんは怒っていました。

『示談にするくらいなら、最初から警察を呼んだりしない!』

そう強い口調で、お義母様に伝えていました。
 

お義母様にはお義母様の、立場と考えがあるのでしょう。

でも、お義母様からも示談をすすめられたことは、ショックでした。
 

そして、ここ2~3日、一樹さんはとても疲れた様子を見せるようになりました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク