見知らぬ弁護士さん


まおです。

示談交渉にやってきたのは、初めてお会いする弁護士さん。

これまで伯父様側の弁護士は、一樹家企業の顧問弁護士のA弁護士さんが担当されていた。

しかし今回お見えになったのは、見知らぬ弁護士さん。
 

よくよく考えてみれば、伯父様はもう会社役員を辞任されたのだ。

逆に私は、現役の非常勤役員。

A弁護士さんが、伯父様の代理人弁護士を務めるのは、筋違いなのだろう。
 

今回お見えになった弁護士さんを、B弁護士さんと呼ぶことにした。

B弁護士さんは、50歳前後だろうか?

ベテラン弁護士さんといった風格が感じられた。

仕立ての良いスーツに、綺麗に磨かれた靴。

名刺の渡し方も実にスムーズで『敏腕弁護士』といった雰囲気だった。
 

スポンサーリンク


伯母様も同伴

実は、B弁護士と一緒に、伯母様(伯父様の奥様)も見えた。

私と一樹さんに対して、深々とお辞儀をして一言謝罪をした後は、ずっとうつむいてB弁護士の隣に座っていた。

弁護士さんを探すのに奔走したのであろう。

憔悴した様子が見て取れた。
 

弁護士さんは、この場に来られない伯父様に代わって謝罪された。

そして示談に応じて欲しい旨を伝えられた。
 

危害を加えるつもりは無かった。

もちろん計画的では無い。

精神的に不安定だった。

本人は心から反省している。

だから示談に応じて欲しい。

被害届を取り下げて欲しい。

そんな内容だった。
 

スポンサーリンク


示談に応じない

例え示談に応じたとしても、伯父様の罪が消えて無くなるわけでは無い。

しかし、被害者との示談が済んでいれば、被害者の許しを得られた(?)と判断されて、罪が軽くなるらしい。

だから示談しているかいないかは、非常に重要らしい。
 

もちろん示談になどしない。

一樹さんは、私の怪我の状態を説明した。

蹴られて頭を打ったことや、嘔吐したこと。

痛み止めが必要なほどの手足の裂傷。

精神的なショック。

何より、結婚式直前と知っていての暴行。

額や手の傷は、どうやっても隠せない。
 

一樹さんは静かな口調だったけれど、はっきりと伝えた。

『示談には応じられません。』
 

すると伯母様がポツリと言った。

「自分の叔父を警察に突き出すなんて、酷い話だわ。。。」
 

お前もか。。。

心の中で、そう突っ込んだよ。

伯母様は多少の常識のある人だと思っていたけれど、伯父様と似たり寄ったりだ。

自分の夫のしたことを、全く理解していない。
 

この伯母様の言葉を、途中でB弁護士が制止した。

そして即、フォローした。

「奥さん(伯母様のこと)も、混乱していらっしゃる。」
 

しかし一樹さんは、伯母様の発言も、B弁護士が伯母様をかばったことも、気に入らなかったらしい。

『監視カメラの映像をご覧になっても、示談にして欲しいなどと、勝手なことを言えますか?』

そう言って、パソコンを立ち上げて、監視カメラの映像を見せ始めた。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク