傷の手当て


まおです。

救急車で病院に運ばれて、診察や検査を受けている間に、一樹さんは警察官に事情を聞かれていたらしい。

しかし一樹さんは何も見ていないので、詳しい状況を説明出来ない。

私も気分が悪くて、話が出来なかった。

警察への事情説明は、翌日以降になった。
 

検査結果に異常がなく、傷の手当てをしてもらって自宅に戻ったのは、日付が変わった頃。

『まおさん、傷口を見せて。』

そう言うと、病院で手当てしてもらったガーゼを外しにかかった。

どうやら一樹さんは、病院での処置が気に入らなかったらしい。

おでこ、両てのひら、両膝と、順番にガーゼを取り替えてくれた。
 

スポンサーリンク



手のひらの傷が一番ひどくて、えぐれたようになってしまった。

傷を丁寧に診ながら、まだ残っていた砂利をピンセットでとってくれた。
 

無言でガーゼを取り替えている一樹さん。

何で急に無口になる?

そんなに集中してる?

変だなと思って顔をのぞき込むと・・・目が赤いんだけど。

えっ?一樹さん、泣いてる?

まさかねぇ?
 

冗談ぽく言ってみた。

「男の子が泣いちゃダメだよぉ」

『まおさんに、申し訳なくてね。。。』

やっぱり泣いてたんだ。
 

スポンサーリンク


防犯カメラは見た!

翌日、警察官の方が見えた。

伯父様が「自分は何もしていない」的な主張をしていたため、私への事情聴取と、ほかに誰か見ていた人は居ないか確認に見えた。

証人は誰も居ない。

あの場には、私と伯父様だけだった。
 

でもね、歯科医院の駐車場には、3台の監視カメラが回っていた。

防犯用に以前から取り付けてあったカメラで、3台のうち2台がトラブルの様子を録画していた。

バッチリとらえられた伯父様の行動は、もう、伯父様に何の言い訳もさせないほど、伯父様の暴力の一部始終を録画していた。
 

これ、YouTubeで公開したら、凄いんじゃね?

それくらいの衝撃映像が映っていて、怖くなった。

よくこの程度の怪我で済んだな。

命とられてもおかしくなかった。

そう思った。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク