伯父様と鉢合わせ

まおです。

スーパーまで歩いて行き、必要なものだけを購入して急いで帰宅。

時間にしたら15分ほどだったと思う。

楽しかったブライダルアルバムの撮影のことを思い出しながら、鼻歌交じりに帰宅したので、伯父様の気配には全く気付来ませんでした。
 

鉢合わせしたのは、自宅の角を曲がったとき。

玄関の方向から戻ってきた伯父様と、庭木の陰で正面衝突のような形で鉢合わせしました。
 

「わぁ・・・」

思わず声が出てしまいました。
 

私は全く気付かなかったのですが、伯父様は私が戻ってくるのに気付いていたようです。
 

スポンサーリンク


恨み辛み

私が驚いて絶句していると、伯父様は恨み辛みを大声で話し始めました。

よく覚えていませんが

「俺の顔を潰しやがって。」

「俺に恥をかかせやがって。」

そんな意味合いのことを言っていました。
 

とにかく相手にしてはいけないと思い、何も言わず通り過ぎようとしたのですが、先を塞がれるように前に立たれて、玄関まで行けません。

伯父様を避けるように身をかわしたとき、肩に掛けていた買い物袋を強く引っ張られ、バランスを崩して前のめりに倒れてしまいました。

アスファルトの駐車場に手をついたので、手のひらが擦りむけるのが分かりました。

買い物袋も地面に打ち付けられ、中からリンゴが転がり出てきました。

膝も擦りむいたようで痛かったけれど、いつまでも倒れているのが悔しくて恥ずかしくて、急いでリンゴを拾って立ち上がろうとした瞬間。。。

左側の肩を後ろから蹴られて(踏みつけるような感じ)、頭から地面に叩きつけられてしまいました。
 

突然で、一体何が起こったのか、訳が分かりませんでした。

気付いたときには、地面に寝転がっていました。

「殺されるのかな?」

瞬間的にそう思いました。
 

スポンサーリンク


逃げられない

恐怖と痛みで起き上がれず、その場にうずくまっていると、伯父様は、まだ何か大声で話していました。

また蹴られるかもしれない。

いや、今度は殴られるかもしれない。

そう思うと怖くて、地面に倒れたまま、両手で頭を抱えてじっとしていました。
 

一樹さんに気付いて欲しい。

助けに来てもらいたい。

でも、窓は全て閉まっているので、伯父様の声は聞こえないかもしれない。

もしかしたら、まだお風呂から上がっていないかもしれない。
 

どうしよう。どうしよう。

何とかこの場から逃げ出さなくては。

自分でどうにか逃げ出さなくては。

でもどうしたら良いのか?
 

初めて他人から暴力を振るわれる恐怖を味わいました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村