お通夜


まおです。

お焼香だけ済ませて、すぐに戻って来るかと思っていたけれど、一樹さんはなかなか戻って来なかった。

30分以上はたっただろうか?
 

私は思いっきり泣いたので気が済んだ。
 

すると今度は心細くなった。

21時近くなって、駐車場には何台か車は停まっているけれど、人影は全くない。

葬儀場の真っ暗な駐車場でひとりぼっち。

見てはいけないものが見えそうで怖い。

何だか車の後部座席に誰か居るような?

孤独と恐怖で、再び泣きたくなった。
 

一樹さん、早く戻って来て。。。

そう思っていたら、遠くから一樹さんが戻って来る姿が見えた。
 

スポンサーリンク


何で泣いているの?

『ごめんね、まおさん。お待たせ・・・

え~っ、何で泣いてるの?』

泣き止んではいたけれど、鼻の頭はトナカイのように真っ赤だった。

誰が見ても

泣いてたよね?

そんな顔をしていたと思う。
 

『なになに?何で?何で泣いてるの?』

一樹さんは、全く心当たりがなくて

『何で?どうして?僕、何かした?』

を繰り返していた。
 

実は翌日は、ブライダルアルバムの撮影日で、この夜は、式場近くのホテルに宿泊の予約を入れていた。

朝早くからの撮影なので、前乗りすることにしていたのだ。

とにかく話はホテルでしようと言われ、高速を飛ばしてホテルへ向かった。
 

スポンサーリンク


ホテルに到着

ホテルの部屋で一樹さんは、私の話をちゃんと聞いてくれた。

話の内容は、また明日書こうと思っていますが、何より嬉しかったのは、一所懸命タオルで私の目を冷やしてくれたこと。

『泣き腫らした目で花嫁衣装を着ちゃダメだ。』

そう言いながら、私の目にタオルを当ててくれた。
 

普通の男性なら「そんなことで、いちいち泣くな!」と怒るかもしれない。

でも一樹さんは、ちゃんと話を聞いてくれる。
 

一樹さんと結婚しなければ、こんな辛い目に遭わなくて済んだ?

そうは思わない。

一樹さんと一緒になれて、心から良かったと思う。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク