晩御飯はハンバーグ


まおです。

ここ数日、和食のメニューが多かったので、今夜はハンバーグにした。

豚と牛の合いびき肉を買ってきて、ジューシーなハンバーグにする予定だった。

缶詰のデミグラスソースに、キノコや玉葱やニンジンをを加えて、レストラン風にしようと考えた。

クッ〇パッドのレシピを参考にして、ハンバーグだねもコネコネして、手間暇かけた逸品になるはずだった。

しかし・・・

スポンサーリンク


目を離した隙に・・・

一樹さんがお風呂に入っている間に、急いでハンバーグを焼いた。

同時にコンソメスープを温め、味を調えようと思った。

味見をすると薄味だったので、もうちょっと塩を足した方が良いかな?なんて考えていた。

でも、ハンバーグがデミグラスソースだから、薄味くらいがサッパリしていいかな?と迷っていた。

すると、急に焦げ臭いにおいが!

フライパンだっ(;゚Д゚)
 

慌てて確認すると、ハンバーグの片面が焦げてる(--〆)

それも、結構な焦げ具合だ。

どうしよう💦

メインディッシュなのに。。。
 

そんな絶体絶命のタイミングで、一樹さんがお風呂から上がって来た。

焦げたハンバーグを隠す時間も無かった。
 

リビングに入って来るなり『まおさん、随分、香ばしい匂いがするね。』だって(p_-)

香ばしいどころじゃないよ。

ズバリ「焦げ臭い」と言ってよ。
 

一樹さんたら、頼みもしないのに、ハンバーグをひっくり返して裏面を確認するんだもん。

もう誤魔化しようがなかったよ。
 

スポンサーリンク


慰め方が違う

こういう時は、思いっきり笑って欲しかった。

なんなら、ド突いてくれた方が救われた。

なのに一樹さんたら『大丈夫だよ。焦げたとこを取ってしまえば平気だよ!』そう言って、私を一生懸命慰めながら、包丁で焦げた部分をそぎ落としてくれた。

アツアツのハンバーグを菜箸で押さえながら、器用に焦げた所だけをとってくれたのだ。
 

自分で言うのもなんだけど、味は悪くなかったと思う。

しかし・・・何だか硬い。

フォークを入れた途端に、なかから肉汁が溢れだすようなハンバーグを作りたいのに、肉汁はフライパンの中に流れ出てしまった。

ハンバーグの表面がひび割れて、そこから肉汁が外に流れてしまうようだ。

コネ方が足りないのかな?

もっと一生懸命にコネて、粘りを出す方が良いのかな?

形成する時に、ちゃんと空気が抜けてないのかな?
 

ハンバーグは初心者向けの料理かと思っていたけれど、結構難しい。

料理教室に通った方が良いかなぁ?

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク