月末は忙しい


まおです。

月末の処理で、一樹さんは忙しそう。

お風呂に入って晩ご飯を済ませると、

再び歯科医院に戻って行った。
 

1時間ほどすると内線が鳴った。

『コーヒーが飲みたいな。』と言うので、

急いで二人分のコーヒーを淹れた。

そうなの。一樹さんと一緒に飲みたくて、

自分の分も淹れて持って行ったのだ。
 

ふたつあるマグカップに気付いた一樹さん。

私の顔を見て何も言わずに笑った。

なんだよ。感じ悪い<`ヘ´>

そう思ったけど仕方ない。

私は、かまってビーム全開だったから。
 

結局、5分程とりとめもない話をした後、

『まおさん、先に休んでいていいよ。』

そう言われて、すごすごと2階へ戻って来た。
 

残念ながら、忙しくてかまって貰えなかった。

つまらん。。。(-_-)
 

スポンサーリンク


一樹さんのお願い

一樹さんが仕事をしているのに、

先にベッドに入るわけにはいかない。

ブログを更新しながら、待つことにした。
 

実は昨夜、一樹さんから突然、

『まおさんに、お願いしたいことがある。』

そう言われた。
 

夕食後、改まって言われたので、

一瞬緊張が走った。

「なっ、なあに???」

『実はさ・・・』

「はっ、早く言ってよ!」

『大したことじゃないんだけどね・・・』

「だから、早く言って!!」

『あのさ・・・夕食の量を、少し減らしてもらえないかな?』
 

思いがけない内容に、頭の中が「?」で一杯になった。

「どういうこと?」
 

スポンサーリンク


良かれと思って

一樹さんの話を聞いて笑っちゃった^^

『晩御飯の量が多すぎて食べきれない。』と。
 

実は、毎晩、夕食を綺麗に平らげてくれていた一樹さん。

私は空になるお皿を見て「足りないんだ。」そう思って、日々、量を増やしていった。

しかし一樹さんは『せっかく作ってくれた食事を残したらいけない。』そう思って、必死に胃袋に押し込んでいたらしい。
 

お互いに頑張り過ぎて、空回りしてたみたい( ̄▽ ̄)
 

「ごめんね、足りないと思ってたの(◎_◎;)」

『僕もちゃんと言えばよかったんだ。悪かったね。』
 

入籍して1ヶ月。

まだまだ初々しい二人だ(^-^)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク