一樹さんの言葉が重い


まおです。

『子供が居なければ、僕が死んだあと、まおさんはひとりぼっちになってしまう。』

そんな一樹さんの言葉が重い。

確かにその通りで、

一樹さんは、その言葉以上の事は

考えていなかっただろう。
 

でも、受け取る側の私は

『子供は居た方が良いよね。』

そう受け取ってしまった。
 

ちょっと気持ちが追い詰められた。
 

スポンサーリンク


皮算用

捕らぬ狸の皮算用と言いますが、

産まれぬ赤ちゃんの皮算用をしてみました。
 

現在、一樹さんが38歳。まお32歳。

2年以内に妊娠して、1年後に出産。

子供が産まれた時は、一樹さん41歳、まお35歳。

おぅ!ギリギリ高齢出産だよ(--〆)
 

子供を大学に6年間通わせるとすると、

子供が卒業する時、一樹さん65歳、まお59歳。
 

65歳って、サラリーマンなら定年だ。

現役のうちに、子供を卒業させられる。

いや、60歳定年の企業もあるはずだ。

定年後も子供を大学に通わすって、

経済的にかなり大変なことだよね。

ん~、若く見えても、一樹さんはアラフォー。

のんびりしていられない年齢だ。
 

歯科医師さんって、何歳まで出来るんだろう?

自営だから定年はない。

でも、細かなお仕事だから、

目とか肩とか悪くしちゃったら?

一樹さんは『死ぬまで現役で治療する!』

そう張り切っているけれど(^^;)
 

スポンサーリンク


ここからは女子トーク

でも、赤ちゃんを授かる為には、

月のモノが戻って来ないと話にならない。

そう、薬を飲んだので止まってしまった。

薬をやめれば戻って来るらしい。

でも、いつ戻るんだろう?
 

一樹さんに、月のモノの話はしないけれど、

恐らくわかっていると思う。

一応、専門知識はあるし。
 

それに・・・

いつ誘われてもOKだから

気付いていると思う(´ω`)
 

ただ心配なのは、体重が10キロ減った事。

1キロ戻ったので、現在は9キロ減だ。

薬で止まったのか?体重減少で止まったのか?

どちらか分からない。

メンタルも病んじゃったので、止まった原因はひとつじゃない気がする。

ちょっと心配。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク