一緒に過ごす休日


まおです。

一樹さんと入籍してから、24時間一緒に居ます。

もちろん昼間は、一樹さんは仕事をしていますが、自宅の1階に居ます。

たまに手が空けば、2階の自宅に戻って来て、私の所在確認をして再び仕事に戻って行きます。
 

友人から「毎日自宅に旦那が居るって大変だね。嫌じゃない?」と聞かれビックリしました。
 

友人が言うには、朝、ご主人が出勤して一人になると嬉しいらしい。

逆に、ご主人が帰って来る時間になると、気が重くなるんだって。
 

結婚して3年も経つとそんなもの?

私は実家の両親が一緒に仕事をしていて、24時間父と母が一緒に居るような家庭で育ったので、一樹さんが毎日自宅に居ても苦にはなりません。

むしろ、それが普通の感覚です。

特に、体調が悪い時は、同じ屋根の下に居てくれるだけで心強いです。
 

ただ、ブログを書く時間が限られるので困ります(^▽^;)

特に、休診日は常に隣に居るので・・・ね。
 

スポンサーリンク


家族会議

今朝は、早くからソワソワしていました。

家族会議って、議題は何だろう?

一樹さんは『子供の話のついでに・・・』そう言っていた。

『ついで』って何かな?

全く見当も付かないよ。
 

入籍して間もないこの時期に、何だろう?

生活のルールとかかな?

家事分担とか?

でも今は、ほぼ専業主婦だしな。

このまま専業主婦で居ろって話かな?

あっ、また叔父様の事かな?

だったら嫌だなぁ~。

そんな話は聞きたくない。

もしかして、お義母様から「孫の顔がナントカ」って言われたのかな?
 

スポンサーリンク


沢山の書類

朝食を食べ終わって、すぐにお願いした。

「早く家族会議しようよ。気になって仕方ない!」

一樹さんは、夜ゆっくり話をするつもりで居たらしかった。

でも、私がせっついたので

『じゃぁ、用意するから待ってて。』

そう言って、寝室に消えて行った。
 

寝室で何かガタガタやっている音がした。

15分程すると、一樹さんが、両手一杯の書類を抱えて戻って来た。

『じゃぁ始めるから、まおさん座って』

そう言って、二人で向かい合ってダイニングテーブルに座った。
 

『あのね、まおさん・・・』
 

一樹さんお決まりの文句だ。

さぁ、始まるぞ!
 

『あのね、まおさん。

僕が死んだらだけど』
 

「へぇ!?

一樹さん、死ぬの?

死んじゃうの?」

(ノД`)・゜・。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク