冷やかされて


まおです。

熱い胸の内を語ってくれた一樹さん。

気が済んだのか?

それとも飲み過ぎたのか?

ソファーで寝息を立てて、気持ち良さそうに眠ってしまいました。
 

暖かい夜だったので、一機さんには毛布を掛けてあげて放置(^^;)

大地さんは洋室で、私は寝室のベットで眠りに付きました。
 

スポンサーリンク


翌朝、物音に気付いて目が覚めました。

時刻は7時過ぎ。

急いで着替えてリビングに行くと、

一樹さんはソファーで新聞を広げ、

大地さんは・・・・・

私のエプロンを付けて洗い物をしていた(◎_◎;)

「泊めてもらったから、これくらいはするよ。

朝食にトーストと目玉焼きを焼くから、

まおちゃんは座ってて。」だって。
 

でも一樹さんが

『大地の焼く完熟目玉焼きは食べたくない!まおさん、半熟に焼いて!』

と言ったので、大地さんからバトンタッチされた^^
 

私が朝食の準備をしている間、一樹さんは大地さんから、昨夜の発言に対して冷やかされ続けていた(笑)

最終的に開き直った一樹さんは、

『大地、お前、羨ましいんだろう?

悔しかったら早く結婚してみろ!

結婚はいいぞ!

毎朝、温かい朝食が食べられる。

「行ってらっしゃい」って言ってもらうと

今日も頑張るぞって気持ちになるぞ!

お前も早く美彩さんと結婚しろ!』
 

スポンサーリンク



私も一樹さんに加勢した。

「そうだよ!大地さんも早く結婚しなよ^^

結婚生活って楽しいよぉ。」

私も一樹さんも、結婚を押し付ける意図はない。

ただ、大地さんも美彩さんもお年頃だし、二人が結婚して家族ぐるみのお付き合いが出来たら、もっと楽しいだろうなと純粋に思っていた。
 

しかし、大地さんの返事は、私と一樹さんの想定外のものだった。

「あっ、そうそう、

言ってなかったけど、

美彩さんにフラれたんだ。」
 

私も一樹さんも、絶句してしまった。
 

~~~お知らせ~~~

別ブログ始めました。

興味がありましたら、ご覧ください。

別ブログへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク