空気を読まない男


まおです。

紅葉狩りに出かけ、手作りのお弁当を食べ終わった頃、一樹さんのスマホが鳴った。

『ん?大地からだ。嫌な予感がする。』
 

親友からの電話を『嫌な予感』ってあんまりだね(笑)

でも、一樹さんの予感は的中した!
 

「今晩、泊めてくれ!」

『はっ?新婚夫婦の家に泊めてくれって?嫌だね。断る。』

「邪魔しないから泊めろ!」

『そういう問題じゃない。常識で考えろ。絶対に来るな!』

「まおちゃんに代われ!」

『今、出掛けてる。来ても家に入れないからな!』
 

こんな感じで、ものの15秒ほどで、一樹さんが一方的に電話を切った。
 

すると、今度は私のスマホが鳴った。

『まおちゃん、今どこ?』

「出先だよ。」

『今晩、泊りに行っても良い?』

「一樹さんが良いって言えばいいよ。」

『一樹がさ、まおちゃんが良いって言えばOKだって言うんだよ。』

一樹さんは、そんなこと言ってなかったと思うけど(笑)
 

スポンサーリンク


コストコ晩餐会

で、結局、大地さんは泊まりに来た(^_^メ)

紅葉狩りからの帰り道、コストコに寄って緊急晩餐会の食料を仕入れた。

『大地の分なんか、買ってやらなくていいよ。』

そう言いながら、大地さんの好きなガーリックチャーハンを、一番にカートに入れていた。

他には、シュリンプサラダやサンドイッチ、おつまみなどを買い込んで、大急ぎで帰宅した。
 

大地さんの目的は、一樹さんの医院に新しく導入した、器具を消毒する器械(良クワカラナイ)を見に来たらしい。

二人で小一時間、歯科医院で真面目な顔で意見交換をしていた。

大地さんも「歯科医師さんだった!」と思い出したよ。

だって、一樹さんと大地さんが二人で居る時は、吉本の芸人さんみたいだからね^^
 

スポンサーリンク


一樹さんの口から出た言葉

この夜は、珍しくワインではなくビールだった。

「まおちゃんも一緒に飲もうよ!」

そう言われて、私も少々頂いた。
 

3人でほど良く酔っぱらった頃、大地さんが聞いてきた。

「まおちゃん、新婚生活はどう?」

「どうって、良いよ。楽しいよ^^」

「どんな風に?」

「どんな?大地さんも結婚したら分かるよ^^」

「お~、まおちゃん言うねぇ~。で、一樹、お前はどうなんだ?」
 

で、ここで一樹さんが爆弾を落とした。
 

『俺は、後悔してる。』
 

(T_T)(T_T)(T_T)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク