今日から11月


まおです。

今朝は冷え込んで、この秋(もう冬?)初めて温風ヒーターのスイッチを入れました。

暖房を入れる程ではないけれど、足元が冷えます。

この後、一気に冬がやって来るんだろうな。

一樹さんと一緒になれて心は暖かいけれど、やっぱり冬は寒いよ^^
 

スポンサーリンク


白い封筒

今日は休診日で、のんびりと朝食をとりました。

食べ終わってコーヒーを飲んでいると、一樹さんから白い封筒を手渡されました。

『11月分の食費を渡しとくね。』

「ありがとう。大切に使うね。」
 

そうか、これからは毎月1日に手渡しでくれるんだな。

結婚したことを実感すると同時に、なんとなく違和感もある。

上手く言えないんだけど「養ってもらってる」って感じがする。

もちろん嫌なわけじゃなくて、感謝しなくちゃならない。
 

以前も書いたけれど、まお家は、母が全てのお金を管理していて、父はお小遣い制だった。

父が社長、母が専務だったが、父の給料も母が管理していた。

父は「お母さん。お父さん、お小遣い無くなっちゃった。」と申告して、その都度、1万円ずつ貰っていた。

恐らく父のお小遣いは、月1~2万円だったと思う。

仕事が趣味で、他に趣味がなかった父は、お金を使うことがない。

出先で、コンビニに寄って飲み物を買ったり、おやつを買ったりするくらいだ。

社有車の中のお菓子の空き箱を母に見付かり「糖尿になったら、どーすんの!」と、よく叱られていた。
 

そんな家庭に育ったので、女性が財布を管理するのが普通だと思っていた。

どこの家庭もそうだと思っていたので、毎月生活費を貰う生活がしっくり来ない。

かと言って「財布を私に管理させて」などとは微塵も思ってはいない。
 

スポンサーリンク


共働き希望

そもそも当初は、共働きを希望していた。

ただ、体調を崩してしまい、思いがけず家庭に入ることになった。
 

しかしブライダルの仕事は、スタッフさんが頑張って下さっているので、収入はある。

そう、今の私は、スタッフさん達に食べさせてもらっている💦

ラジオの仕事の収入もわずかだがある。

非常勤役員のお給料も頂いている。
 

私も生活費を入れた方が良いんじゃないか?

そんな風に思うこともある。
 

なんかこう、一樹さんと張り合うワケじゃないけれど、対等になりたいと言うか。

ん~、そもそも7歳年上の一樹さんと、対等になりたいと思う方が間違ってるか?

それに収入格差もあるし、対等なんかになり得るわけがないか。。。
 

母に言わせると「可愛げの無い女だな。養って貰えてラッキーじゃないか!黙って一樹さんの言う通りにしとけ!」らしい。

父を尻に敷きまくっている母に言われても・・・だ。
 

とにかく頂いた食費は、大切に使わなくちゃ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク