あのスイートルーム


まおです。

オーベルジュに到着しチェックインを済ませました。

1年前のあの時と同じく、一樹さんの背中を見ながら、あの時のスイートルームへ。

一瞬で、1年前にタイムスリップしたような感覚に陥りました。
 

お部屋は、1年前と比べると、少し家具の位置が違っていましたが、落ち着いた素敵な雰囲気は変わっていませんでした。

デーブルの上には「ご結婚おめでとうございます」のメッセージと、乾杯用のシャンパンが用意されていました。

不意に一樹さんと目が合ってしまうと、何だかお互い照れくさくて。

二人とも無言で、しばしソファーで寛ぎました。
 

スポンサーリンク


ソムリエ

レストランに移動して食事をしていると、1年前にワインを選んでくれたソムリエさんがいらっしゃった。

ソムリエさんは「お二人のことを、よく覚えています。」とおっしゃってくれた。

1年間の私の誕生日に宿泊した時、一樹さんがマイクの形をしたバースデーケーキを特注したので、記憶に残っていたらしい。

「お似合いのお二人だと思っていました。」そう言って下さったのが、お世辞でも嬉しかった^^

私はワインは全く分からないが、一樹さんはソムリエさんと話が盛り上がっていた。

『来年も、また来ます。』そう言って、食事を終えて部屋に戻った。
 

スポンサーリンク


初めてのキッスは?

部屋に戻って、テラスで寛いだ。

1年前のあの時と同じ。

湖面に映る月灯りが美しい。

風が木々の葉を揺らす音しか聞こえない。

二人だけの為に、時間が流れているような気がした。
 

『何を考えてるの?』

そう一樹さんに聞かれてドキッとした。

「あの時のことを思い出してた(#^.^#)」

『あの時のこと?』

「そう・・・(●´ω`●)」

『何だっけ?』

え~、そんなこと、女性に言わせる?

そう思ったけれど、ワインも入って少々気持ちもハイだったので言っちゃった。

「このテラスで、初めてチュ~したなって・・・(#^.^#)」

すると・・・

『そうだっけ?』
 

はぁ~?そうだっけ?
 

信じられない!

そんな大事なこと忘れる?

『一樹さん、

それマジで言ってる?』

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク