合鍵♥


まおです。

映画を観た後は、真っすぐ一樹さんの自宅へ向かいました。

『まおさん、ちゃんと合鍵持ってきた?』

と一樹さんが心配そうに聞くので、

バックから取り出して見せた。
 

それを見た一樹さんは、とても嬉しそう。

そんな一樹さんの様子を見た私は、もっと嬉しかった。
 

38歳と31歳の中年男女が、合鍵ひとつで胸トキメクなんて、恋愛って素敵だなって思う^^
 

一樹さんの自宅に着いて、早速、合鍵を使って私が鍵を開けた。

1階が歯科医院、2階が自宅になっているので、セコムの解除の仕方も教えてもらった。
 

スポンサーリンク


何もない自宅

玄関を入って、左側が歯科医院へ続くドア。

正面の階段が2階の自宅へ続いている。

少し急な階段を、一樹さんの後に続いて、ドキドキしながらのぼります。
 

『どうぞ』と声を掛けられたので「お邪魔します」と中へ入ると、広いリビングでした。

白で統一された25畳ほどのLDKです。

手前に、ソファーと大型TV。

奥に対面キッチンとダイニングテーブルがありました。
 

男の一人暮らし➡散らかった部屋

そんなイメージでしたので、あまりにも綺麗に片付けられたリビングに、かなり驚きました。

「片付けられた」と言うよりは「何もない」リビング。

生活感の無いそれは、良く言えばモデルハウスに来ているような感じでした。
 

「前に、散らかってるって言ったから、覚悟してきたんだけど、すごく綺麗だね^^」

『うん、ダスキンさんに頼んで、綺麗にしてもらったよ』
 

確かに「医院のお掃除をしてもらっている業者に頼んで、綺麗にしてもらう」と話していた一樹さん。

殺風景なほどに片付いている。
 

『過去は全部捨てた』

そう言って笑った一樹さん。

ここは一緒に笑うところか?

判断に困ったので、スルーした。
 

他には寝室と、開かずの間という洋室があった。
 

スポンサーリンク


嫉妬と妄想

一通り間取りを案内してもらい、ソファーに座ると、一樹さんがコーヒーを淹れてくれるという。

せっかくなので、コーヒーメーカーの使い方を教えてもらいながら、一緒に淹れることにした。
 

『二人分ならお水はこの目盛りだよ』

「ん?どの目盛り?」

『ここだよ』

「どこかな?」
 

二人で顔を寄せ合い、コーヒーメーカーの目盛りを確認しようとしたら

ゴツン

お互いの頭と頭がぶつかった。
 

二人して
そう言って頭を抱えながら大笑いした。
 

その瞬間、ふと思った。

一樹さんは、元奥様とも一緒にキッチンに立って、こうして笑ったのかな?

見渡せば、カップボードには男性の一人暮らしには似合わない、コーヒーカップが5客セットで並んでいる。

食器も一通り揃っていて、結婚した時に揃えたのかなと思えた。

カーテンは誰の趣味だろう。

もっとゲスな話をすれば、寝室のベットはいつから使っているのだろう。
 

一樹さんが離婚したのは6年も前。

今、そんなことを気にするのは馬鹿らしいと思うのだが、女心は複雑だ。
 

嫉妬とは少し違う。

妄想と表現する方が近いかな?
 

胸がザワザワするこの気持ちを、
どう説明していいか分からない。
 

ふと思った。

それだけ一樹さんの事を好きになったんだ。
 

でも、最高にくだらなくて、
最高に情けない。。。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク