ありがとうございます


まおです。

お祝いのコメントありがとうございます。

何と言うか、じわじわ幸せです^^
 

入籍は、一樹さんと二人で、朝早く役所の時間外窓口まで行って提出しました。

男性の警備員さん(?)が、にこやかに「はい、ご苦労様。」そう言って受け取ってくれました。

噂には聞いていましたが、本当に事務的で呆気なかったです(笑)
 

一樹さんは『大丈夫かなぁ?その辺に放置されないかなぁ。』なんて心配していました。
 

スポンサーリンク


結婚指輪

車に戻ってすぐ、一樹さんが結婚指輪をはめてくれました。

『これから宜しくね!』そう言いながら。
 

次は、私が一樹さんに結婚指輪をはめてあげようと思ったのですが・・・

何を思ったか、一樹さんたら自分ではめちゃった(◎_◎;)
 

そりゃ、ないよ(; ・`д・´)
 

指摘しようかどうか迷っていたら、

一樹さんは早くも車のエンジンを掛けて

帰路に付こうとしている。
 

そう、この後、歯科医院に戻って

午前中の診察を行わなければならない。

のんびりしている時間はない。
 

理想と現実。

そう、結婚生活は現実だ。

ドラマみたいにロマンティックじゃない(~_~メ)

患者さんをお待たせしないように、大急ぎで帰った。
 

スポンサーリンク


関白宣言?

帰り道の車の中で、一樹さんが言った。

『今日からまおさんの事、名前で呼ぼうと思う。』
 

はてな?である。
 

意味が分からなかった。

今までだって、名前で呼んでたのに。

どういうことだ?
 

しばし考えた。

で、ひらめいた!

呼び捨てにしたいってことだ(笑)

つまり『まおさん』じゃなくて『まお』って呼びたいらしい(^_^メ)
 

一樹さんの関白宣言?

一瞬、ドキッとしたけれど、

一樹さんの方が7歳年上だ。

それに偉ぶって私を呼び捨てに

したいわけじゃないだろう。
 

一樹さんが『いいかな?』って聞くので

素直に「はい」と答えた私。
 

この先、どれだけ関白宣言されるのかと心配になった。
 

しかし、ここから先の一樹さんは、

すごく可愛らしかった(#^.^#)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク