大切にします。

まおです。

昨夜は、両親と一樹さんと私で、秋祭りを楽しんだ。

食事をしながら新生活のことを話したり、

他愛もない話題で盛り上がったり。

屋台が通れば身を乗り出して見物した。
 

夜も更けて来て、そろそろホテルへ移動しようと思った頃、一樹さんが言った。

『まおさんとの結婚を許して頂いて、ありがとうございます。まおさんを大切にします。』

ホロりと来た。

すごく嬉しかった。
 

スポンサーリンク


感謝

ホテルへ移動中の車の中で、

一樹さんに謝っておいた。

「ごめんね。お母さんったら張り切り過ぎちゃって。。。お腹一杯になっちゃったでしょ?」

『うん。僕、5人前くらい食べたよね?でも、その気持ちが嬉しかったよ^^感謝しなくちゃね。』
 

本当に感謝しなくちゃいけない。

一樹さんを一生懸命もてなしてくれた両親に。

そして『感謝しなくちゃ』そう言ってくれる一樹さんに。

皆に感謝しなくちゃ。
 

スポンサーリンク


思い出の場所へ

ホテルにチェックインを済ませると

『あの場所へ行ってみようか?』

どちらともなくそう言った。
 

あの場所。。。そう、一樹さんと初めて出会った、婚活パーティーの行われた会場だ。
 

エレベーターを降りると、すぐ目の前に、あの日、婚活パティーが開かれた会場があった。

会場の入り口の前にソファーが幾つかあった。

『あの日、僕はこのソファーに座っていたんだよ。パーティー開始時間ギリギリに駆け込んでくるまおさんを見て、すぐにあの子だって分かったよ。』
 

そうだったの?

確かに私はあの日、仕事終わりに大急ぎで駆け付けた。

会場前のソファーに、誰か座っていたかなんて、全く覚えていない。

「やだなぁ。髪振り乱して走ってたの見られてたの?」

そう言って笑い合った。
 

この日、会場は宴会は入っていなかったようだ。

大きな扉をそっと開いて、中の様子を伺う。

真っ暗で何も見えない。

目が慣れてくると、オレンジ色の絨毯が見えた。

『あっ、こんな感じだったね。』

「そうそう、ふかふかの絨毯だったよね。」

『サンドイッチを食べた記憶がある。』

「サンドイッチだけじゃないよ。唐揚げやらポテトやら、一樹さんてば沢山持ってきてバクバク食べてたよ!」

『そうだったかなぁ?』

婚活パーティーが、昨日のことのように思い出された。
 

あの日、私の人生が決まったんだ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク